【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 【妊婦さん限定】LINE友だち登録&アンケートで「オーブントースター」が当たる‼

2022.05.20

【助産師監修】生後1ヶ月の赤ちゃん外出はいつから?お出かけ時の持ち物は?

出産後は赤ちゃんと一緒に、お出かけしたいと考えている人も多いでしょう。赤ちゃんはどのくらいの時期から外出できるのか、外出時の注意、準備しておくと安心な物などを、助産師が解説します。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

39

 

赤ちゃんとのお出かけはいつからOK?新生児は?

赤ちゃんの外出

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ外の環境に適応するのが難しいと言われています。ママの身体の回復もまだまだ途上段階。長時間の外出をすると、子宮収縮が悪くなり悪露が増えたり、疲労が強くなることもあります。

1ヶ月健診が終わるまでは、赤ちゃんとママがゆっくり、マイペースに休息できる環境で過ごすのがいいでしょう。不要不急な外出は控えるようにしましょう。

 

生後6ヶ月までの赤ちゃんは、母体免疫があるため風邪をひかない」と聞いたことがあるかもしれません。しかしこの母体免疫は、すべての感染症に対してカバーされているわけではありません。

赤ちゃんにとって心配な感染症のうち、いくつかは定期予防接種として、生後2ヶ月になると接種が開始します。そして接種後2週間くらいから、接種した感染症に対する免疫ができ始めます。

 

感染を避けるため、はじめは近所への買い物も家族に頼んだり、ネットスーパーを利用するようにしてくださいね。生後1ヶ月くらいまでは、自宅の庭やベランダなどで、5~10分程度の外気浴をして気分転換してみましょう。外気浴に慣れてきたら、暖かい日の朝や、夕方の日差しが強すぎない時間帯に、近所の散歩をしてみるのも良いですね。

 

時にはもちろん、上の子の用事、病院の受診・相談など、外出が必要な場合があるでしょう。状況に合わせて、必要な範囲で外出してくださいね。

 

関連ページ

新生児っていつまで?【助産師が教える】新生児の特徴と1日の生活

 

 

生後1ヶ月の赤ちゃんと外出するときの注意点

それでは実際に、生後1ヶ月の赤ちゃんと外出するときには、どのようなことに注意すればよいかお話していきます。

 

赤ちゃんと外出時の注意1. 長時間は避ける

生後1ヶ月ごろはまだ、外の環境に適応することが難しい時期。赤ちゃんは体温調整が未熟なため、体が温まり過ぎることがあります。また抱っこでずっと同じ姿勢でいると、負担もかかってしまいます。長時間寝てしまい授乳のタイミングを逃すと、脱水の心配も。外出するときには、長時間にならないように気をつけましょう。

 

赤ちゃんと外出時の注意2. 生活リズムを崩さない

外出時の赤ちゃんは、いつもより多く寝ることが多いです。いつもと似た行動ができるようなタイムスケジュールで、授乳などのタイミングも決めておきましょう。

夜遅い時間に外出すると、目に強い光を受けます。これにより、夜の入眠リズムに影響すると言われています。赤ちゃんとの夜遅い外出は、なるべく控えましょう。

 

赤ちゃんと外出時の注意3. 時間に余裕をもって行動

生後1ヶ月の赤ちゃんとのお出かけでは、おむつ替え、授乳、理由がわからないぐずりなど、途中で何が起こるかわかりません。慣れない場所へ行くときや、飛行機や新幹線などを利用する場合は注意。時間に余裕をもって行動しておくと、気持ちに余裕が出て安心できます。

 

赤ちゃんと外出時の注意4. 混み合う時間帯は避ける

赤ちゃんと電車やバスに乗って出かけるときは、通勤ラッシュなど混み合う時間帯を避けましょう。赤ちゃんは免疫力が低いです。細菌やウイルスから守るためにも、外出の時間帯を検討してくださいね。

 

赤ちゃんと外出時の注意5. 季節により時間帯を変える

季節によって、赤ちゃんが過ごしやすい時間帯は変わってきます。夏は日中の日差しが強いので、朝夕の涼しい時期に出かけるといいでしょう。秋・冬は日が暮れる時間が早いので、午前中に外出しておくのがいいですね。体温調整が未熟な赤ちゃんに、負担がかからないように行動しましょう。

 

赤ちゃんと外出時の注意6. こまめに健康状態を観察

生後1ヶ月ごろの赤ちゃんは外出すると、普段よりもよく寝てくれた、という声を多く聞きます。赤ちゃんが寝てくれていると、ママはほっとしますね。ただし外出中は特に、こまめに赤ちゃんの様子を確認しましょう。

 

□抱っこ紐で手足が圧迫され、肌の血色が悪くないか?

□呼吸はできているか?

□いつもより授乳のタイミングは遅れていないか?

□おしっこはでているか?

など、健康状態に注意することが大切です。

 

 

生後1ヶ月の赤ちゃんと外出時に便利な持ち物

赤ちゃんの外出時の持ち物

 

生後1ヶ月ごろの赤ちゃんと外出する際、家まで数分で戻れるような場所であれば、口元を拭くガーゼがあれば問題ないでしょう。ベビーカーの場合、寒い時に使ったり日除けにもなる、薄手の掛け物があると便利ですね。

すぐには自宅に戻れない場所へ外出するときには、日々の授乳や生活リズムを考慮して、赤ちゃんに必要なものを持ち歩きましょう。ここからは家から離れた場所へ外出する際に、便利な持ち物についてお話していきます。

 

母子手帳・健康保険証・乳児医療証

外出先で赤ちゃんが怪我をしたり、体調が悪くなった場合に、いつでも病院へ行けるようにしましょう。母子手帳・健康保険証・乳児医療証はセットで持ち歩くようにしましょう。

 

おむつセット(おむつ・おしり拭き・おむつ替えシート・ビニール袋)

外出時に赤ちゃんが排尿や排便するほか、ママが焦っておむつ替えを失敗してしまうことも。おむつやおしり拭きは、多めに持ち運ぶようにしましょう。おむつ替えシートは必須ではありませんが、外出先で周りを汚さないためにも、タオルなど敷いておむつを替えるのがよいでしょう。

また汚れたおむつを入れるビニール袋は、多めに持ち運んでおくと便利。おむつ以外にも、汚れた服やスタイ、ゴミを入れて持ち帰ることもできます。

 

粉ミルクとお湯・湯冷まし・哺乳瓶

普段からミルクを与えているママは、赤ちゃんへの授乳の準備が必要。どこでもすぐにミルクを作れるように、保温性のある水筒やボトルにお湯を入れ、持ち歩くと安心です。湯冷ましがあると、ミルクの温度を調節して、すぐに飲ませられますよ。

 

ミルクは液体ミルク、小分けになったスティックタイプ、キューブタイプを使うと便利です。粉ミルクを1回分ずつ、小分けにできるケースも販売されています。チェックしてみてください。

最近では、お湯と混ぜる必要がない液体ミルクが、紙パックや缶で販売されています。活用してみるのもよいでしょう。また外出時に持ち運ぶ哺乳瓶は、瓶よりもプラスチックのものが軽くておすすめです。

 

授乳ケープ・ブランケット

母乳を与えているママは、授乳ケープを持ち歩いていれば、授乳室がない場所でも安心です。ブランケットや大きめのタオルは、授乳ケープ代わりになります。さらに気温に合わせて、赤ちゃんの体温調整に役立つアイテムとしても便利です。

 

赤ちゃんの着替え

赤ちゃんがお漏らしや、ミルクを吐いてしまった場合などにそなえ、着替えを1セットは持ち歩くようにしましょう。汚れた着替えを入れられるように、ジッパー付きの袋に入れておくと便利です。

 

ガーゼ・スタイ

外出時に赤ちゃんがミルクを吐いた場合や、よだれを拭く際に数枚あると便利です。

 

お気に入りのおもちゃ

外出時、赤ちゃんが不機嫌になることもあるかもしれません。まだ生後1ヶ月ごろであれば、赤ちゃんが泣く理由は、授乳やそのほかの不快によることが多いでしょう。月齢が大きくなるにつれて、家でよく遊ぶお気に入りのおもちゃを持っていると、機嫌が良くなることもあります。普段から、赤ちゃんのお気に入りのものを見つけておくとよいですね。

 

荷物はまとめてリュックに

生後1ヶ月の赤ちゃんを連れての外出では、リュックがおすすめです。赤ちゃんが急にぐずったときには、抱っこしやすいです。両手が空いているので、オムツ替えのときに荷物の置き場に困ることもありません。赤ちゃんと外出する際には、両手を自由にしておくと便利です。

 

 

生後1ヶ月の赤ちゃんの外出時【季節別の服装】

生後1ヶ月の赤ちゃんは、体温調節が未熟。ママが赤ちゃんの服装を調節する必要があります。

普段から着ている服で構いませんが、寒暖の差に合わせて柔軟に調整できるようにします。足先までの洋服ではなく、末端が着脱できるものが良いでしょう。他にも上着やおくるみ、帽子、靴下などを持ち運ぶようにしましょう。

特に春や秋は、昼夜の寒暖差が大きいです。赤ちゃんに厚着をさせないようにして、着脱しやすいカーディガンや上着、掛け物などで調整するといいですよ。

 

 

生後1ヶ月の赤ちゃんとの外出先の選び方

これまで述べてきたように、生後1ヶ月の赤ちゃんと外出する際は、感染リスクを避け、混雑していない場所を選んで行くことをおすすめします。ベビールームや赤ちゃんのオムツ替えスペースがあるか、授乳できるスペースがあるか、事前に確認しておくと安心です。

 

 

《まとめ》

 

生後1ヶ月ごろは少しずつ赤ちゃんとの生活に慣れてきて、病院での受診や健診の他にも、家族で外出する余裕が出るころ。外出する前に知っておくと良いことや、準備すると安心なことをまとめました。子育て中のママや赤ちゃんの発育にとって、外の風を感じることは大切。未熟な赤ちゃんの特徴を知り、ママ自身の産後の回復を考慮しながら、無理なく少しずつ外出を楽しんでくださいね。

 

※写真提供:PIXTA

 

関連ページ

【助産師が動画で解説】生後1ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけのコツ

新生児のおむつ替えの手順【助産師による動画】回数&タイミング

哺乳瓶の消毒はいつまで?【産科医】正しい方法&やめていい時期

         

監修者

公益社団法人 東京都助産師会

>詳しく見る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(ライブ配信) プレゼント 無料

    6月28日開催 子育てママ必見! 「今だからこそ知っておきたい!令和の学費の新常識~学費の貯め方」プレゼント付き!

    開催日
    2022/06/28(火)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月7日開催 現役助産師が教える【安産になるために】知っておきたい体づくり・心構え(無料)

    開催日
    2022/07/07(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    8月4日開催【産後ピラティス】初心者OK!骨盤底筋&体幹を鍛えて全身を整えよう

    開催日
    2022/08/04(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月14日開催 【働く女性とその家族が知っておきたい】安心して出産・子育てを迎えるためには?(無料)

    開催日
    2022/07/14(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月21日開催 <初めてママ教室>出産までの妊婦健診は何をするの?検査内容と目的を知ろう(無料)

    開催日
    2022/07/21(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    20:00~20:30
    詳細