【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 【妊婦さん限定】LINE友だち登録&アンケートで「オーブントースター」が当たる‼

2022.06.24

妊娠中のお腹の張りとは?【助産師】妊娠期ごとの原因と確認方法

妊娠中のお腹の張りは、「妊娠による生理的なお腹の張り」と「トラブルの危険信号によるお腹の張り」に分けられます。自分で確認する方法を学ぶことは、異常の早期発見・早期治療につながるので、妊婦さんにとって非常に大切。今回は妊娠中のお腹の張りについて、理解を深めていきましょう。お腹の張りの確認方法やその対処法について、助産師が解説していきます。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

6

 

【妊娠期別】妊娠中に「お腹が張る」ってどんな感じ?

お腹が張るとは

 

初産婦さんは、「お腹が張る」という感覚が具体的にどのようなものか、想像がつかないかもしれません。お腹の張りは、子宮の筋肉が収縮しグーっと硬くなることを言います。ほとんどの張りは、妊娠による生理的なもの。しかし時には、トラブルの危険信号の可能性もあります。

妊娠時期によって、張りの感じ方は様々です。妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期に分けて、具体的なお腹の張りの感じ方や、その原因を見ていきましょう。

 

【妊娠初期のお腹の張り】感じ方・原因

妊娠初期は子宮の膨らみがあまりないため、なかなか妊娠の自覚がありません。出血などの症状がない限り、お腹が張っている感覚がわかりづらいでしょう。初期はつわりがひどい時期にも当たります。お腹の張りを自覚する余裕もないかもしれません。

妊娠初期のお腹の張りは、「なんとなく違和感がある」「子宮のあたりがチクチクする」「生理痛のような痛み」「突っ張るような痛み」として感じることがあるようです。

 

【妊娠初期にお腹が張る原因】

妊娠初期の生理的なお腹の張りの原因として、挙げられるのはいくつかあります。

 

1.靭帯が引き延ばされることによるもの

子宮は、円靭帯と呼ばれる靭帯によって支えられています。妊娠すると、この円靭帯が引き伸ばされます。この引っ張られるような感じが、足の付け根の痛みとなって、お腹が張っていると感じる妊婦さんもいます。

 

2.子宮の増大によるもの

妊娠すると子宮は、赤ちゃんを育てるために急速に大きくなります。筋肉が大きく伸びて血流も増え、子宮に様々な変化が生じ、お腹が張る原因となります。

 

3.皮膚が突っ張ることによるもの

伸びるのは筋肉だけではありません。子宮が大きくなるにつれて、皮膚も引き伸ばされます。その時のピリピリした痛みを、お腹の張りと認識することがあるようです。

 

4.便秘によるもの

妊娠するとその妊娠を維持するために、プロゲステロンというホルモンが増加します。このプロゲステロンは、腸の蠕動運動を抑制します。そのため妊娠初期は便秘になりやすく、その影響でお腹が張ると感じることもあります。

 

5.冷えによるもの

妊娠すると自律神経のバランスが乱れるため、体温調節がうまくできずに、冷え症になる妊婦さんが多くいます。身体が冷えると血流が悪くなり、お腹が張りやすくなってしまいます。

 

【妊娠中期のお腹の張り】感じ方・原因

妊娠中期になると、だんだんお腹の張りを感じる妊婦さんが多くなってきます。子宮も大きくなるので、お腹が張っている時はボールが入っているかのように、カチコチに子宮が浮き出てきます。お腹の張りが和らぐと、そのボールが消えていくような感覚を覚えるので、妊婦さんもわかりやすいでしょう。

 

お腹の張りの感じ方は人それぞれですが、妊娠中期の張りは「お腹が硬い」「ボールが入っている感じ」「ギューッとしめつけられるような感じ」と表現する妊婦さんがいます。すぐに横になっておさまる場合は問題ありません。

 

【妊娠中期にお腹が張る原因】

妊娠中期の生理的なお腹の張りの原因として、挙げられるのはいくつかあります。

 

1.活動量が増えることによるもの

妊娠中期はつわりから解放され、一気に活動量が増加します。その際に一時的に子宮を支える筋肉に負担がかかり、お腹の張りが起こります。ただし少し横になれば治まる、生理的なものがほとんどです。

 

2.子宮の締め付けによるもの

妊娠中期になると少しずつ子宮も大きくなり、外見からでも妊婦さんとわかるようになります。非妊時と同じような洋服や下着をつけると、お腹が締め付けられます。緊張状態となりお腹が張ってしまうことがあるので、ゆったりとした服装を心がけましょう。

 

【妊娠後期のお腹の張り】感じ方・原因

妊娠後期に入ると、身体がお産の準備を始めるので、お腹が張りやすくなるもの。はっきりと張りを感じることが、頻繁になってきます。妊娠後期のお腹の張りは、「臓器が圧迫される感じ」「息苦しい」と感じる妊婦さんがいます。

 

妊娠後期のお腹の張りの原因は、出産準備のための生理的なもの

妊娠後期に入ると、子宮がお産の準備をするために、張りやすくなります。前駆陣痛とも呼ばれます。生理的なものですが、痛みが治まらない・強くなる場合は、まれに陣痛につながることもあるので、すぐに受診しましょう。

妊娠37週までは早産になるので、注意が必要です。

 

妊娠全期間を通して心配なお腹の張り

お腹の張りには時に、妊娠トラブルの危険信号の可能性もあります。出血や痛みを伴うお腹の張り、正産期でもないのに規則的に感じるお腹の張りは、切迫流産・切迫早産の可能性が考えられます。

また、まれに妊娠中に虫垂炎や子宮筋腫、結石などの合併症を併発している場合があります。その際の痛みを、お腹の張りと感じることがあります。

 

注意すべきお腹の張り

 

お腹の張りの確認方法とは

お腹が張っているかどうかは、セルフチェックで確認ができます。妊娠25週あたりから少しずつ張り出すので、ぜひ習慣づけてください。

 

【セルフチェック】お腹の張りの確認

まずは「お腹が張っている状態」、「張っていない状態」がどんなものか知ることから始めましょう。上半身を少し起こすようにして仰向けに寝て、優しく両手でお腹を触れてみましょう。お腹が柔らかいようであればお腹は張っていません。

 

ボールが入っているように硬く、子宮が触れるのであれば、お腹が張っている証拠です。「皮膚に指が入らないくらいに硬い」と表現されることもあります。両手で子宮を優しく触れることで、左右差がわかるようになります。息苦しさや出血、痛みなどを伴う場合は、かかりつけの産科医への受診が必要です。

 

毎日仰向けになってお腹に触れる習慣ができると、お腹が張っている状態がわかってきます。仕事や家事に追われる日々かもしれませんが、毎日お腹の張りを自分でチェックしてみましょう。

 

 

「お腹が張りやすい人」の特徴&体型

お腹が張りやすい人には、以下のような特徴があります。

・ストレスに弱い

・ストレスをうまく解消できない

・疲労をためやすい

・冷え性

 

自分でリラックスできる方法を考えたり、ストレス解消法を試したりして、うまく付き合っていきましょう。仕事が忙しく、疲労をため込むこともあるかもしれませんが、休みの日はリラックスを心がけましょう。

 

冷えがある場合は、大きな血管が通っている「3つの首(首、手首、足首)」を温めることがおすすめです。温かい飲み物を飲んだり、身体を締め付けない服装を気を付けたり、日常生活を見直すといいかもしれません。

 

「お腹が張りやすい人」の体型

お腹の張りは、妊婦さんの体型にも関係します。細身の体型の場合は、子宮の容量も小さく、どうしても張りやすくなってきます。体型は変えられないので仕方ありません。細身の妊婦さんはお腹が張りやすい体質だと自覚して、気を付けて生活しましょう。決して無理はしないでください。

 

 

お腹の張りの予防&対処法

もしお腹の張りを感じたら、すぐに横になって休み、深呼吸をしてリラックスしましょう。深呼吸をすることで、副交感神経が優位になり身体の力が抜けていきます。そうすると、自然にお腹の張りは治まってくるでしょう。

 

また以下のように、お腹が張らないような生活を心がけることも必要です。

 

■出来るだけストレスをためないこと。

 

ストレスを感じたら適度に解消すること。気分転換に散歩、読書、映画鑑賞など自分の好きなことをやるのもよいでしょう。

 

■立ち仕事・座りっぱなしの仕事など、長時間同じ姿勢で過ごすのを避けること。仕事の合間にこまめに休憩をとる、疲れたら我慢しないで横になって休むなどが必要です。職場での協力が得られるよう上司と話し合い、休憩の取り方について決めておくとよいでしょう。

 

■長時間の家事、重いものを持つ・運ぶのは避けること。家事は家族と分担し、自分一人で頑張りすぎないことも予防になります。

 

仕事をしている妊婦さんや、上の子がいる場合は、自分のことを後回しにしがち。お腹の張りは自分へのサインだと認識し、身体の声を聴くようにしましょう。

 

受診すべきお腹の張りの見分け方

受診の目安は以下の通りです。

・休んでいてもお腹の張りが治まらない場合

・お腹の張りと共に、痛みや出血がある場合

・張りの回数が、1時間に6回以上の場合

・張りが強くて息苦しく感じる場合

 

これらの症状が現れたら、早急にかかりつけの産科医に相談してください。切迫早産や常位胎盤早期剥離など、合併症が隠れていることがあります。

 

 

《まとめ》

 

お腹の張りには妊娠期間を通して、気を付けるべきものと、子宮の増大に伴い生理的に起こるものがあります。毎日お腹に触れる習慣をつけて、お腹が張っていないかセルフチェックをしてみましょう。もしお腹の張りを感じたら、無理をしないでソファなどに横になり、深呼吸をしてリラックスしてください。それでも治まらない場合は我慢せず、かかりつけの産科医に相談してくださいね。

 

※写真提供:PIXTA

 

関連ページ

臨月のお腹の張りは出産の兆候?【産科医解説】陣痛との見分け方

【アンケート調査】妊娠中の「お腹の張り」いつから?どんな感じ?張った時の対処法とは

           

監修者

公益社団法人 日本助産師会

>詳しく見る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(ライブ配信) プレゼント 無料

    6月28日開催 子育てママ必見! 「今だからこそ知っておきたい!令和の学費の新常識~学費の貯め方」プレゼント付き!

    開催日
    2022/06/28(火)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月7日開催 現役助産師が教える【安産になるために】知っておきたい体づくり・心構え(無料)

    開催日
    2022/07/07(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    8月4日開催【産後ピラティス】初心者OK!骨盤底筋&体幹を鍛えて全身を整えよう

    開催日
    2022/08/04(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月14日開催 【働く女性とその家族が知っておきたい】安心して出産・子育てを迎えるためには?(無料)

    開催日
    2022/07/14(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月21日開催 <初めてママ教室>出産までの妊婦健診は何をするの?検査内容と目的を知ろう(無料)

    開催日
    2022/07/21(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    20:00~20:30
    詳細