【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ ◇◆Amazonギフト券ゲット◆◇まなべびSNSフォローでプレゼントが当たる!

2021.11.08

臨月の下痢は出産兆候?【助産師】下痢の原因&受診すべき症状

臨月の妊婦さんが下痢をおこすと、「もしかしたらお産の兆候?」とそわそわしてしまうでしょう。下痢が続くと体力も消耗しますので、「胎児に影響があるのでは…」と心配になるかもしれません。そこで今回は、妊娠期のなかでも臨月に起きる下痢について、理解を深めていきましょう。臨月に下痢が起きる原因と、受診すべき症状について助産師が解説します。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

24

 

出産の兆候?臨月に下痢をしやすい主な原因

臨月の下痢

 

臨月に入ると、下痢が起きる妊婦さんが一定数います。臨月に下痢が起こるのは、お産が始まる兆候なのでしょうか?下痢をしやすい原因を紹介します。

 

関連ページ

【臨月のマイナートラブル一覧】出産前におこる不調&不快な症状

 

臨月の下痢の原因1. 女性ホルモンの影響

臨月になると、妊婦さんの身体は出産に向けて準備を始めます。下痢が起きやすくなるのは、実は女性ホルモンのひとつである「プロゲステロン」が関係しています。

このホルモンは、もともと腸の運動を抑える働きがあります。妊娠中は分泌が増え便秘になりやすいのですが、妊娠8ヶ月9ヶ月をピークに、プロゲステロンの分泌は低下していきます。この影響を受け、臨月になると便秘が改善され快便になったり、もともとお通じがいい妊婦さんは下痢気味になる場合もあります。

 

臨月の下痢の原因2. 子宮による腸の圧迫

臨月になると、子宮内の胎児が大きく成長しています。妊娠子宮が腸を圧迫し、腸の動きが滞ってしまいます。この影響で食べ物が未消化の状態となり、下痢が起きやすくなります。水分が多ければ水下痢、未消化が多ければどろどろの下痢、冷え性の人は下痢を繰り返すこともあります。未消化便の場合は、腹痛や吐き気を伴うこともあります。

 

臨月の下痢の原因3. 自律神経の乱れ

臨月になると妊婦さんは、「陣痛を乗り越えられるだろうか」「自分に育児が出来るだろうか」などと、出産を間近に控え不安になることもあるでしょう。妊娠中の不安から自律神経が乱れ、一時的に下痢を引き起こすことも考えられます。

 

臨月の下痢の原因4. 前駆陣痛

前駆陣痛の痛みを、下痢による腹痛と感じる妊婦さんもいるようです。痛みの程度は人それぞれですが、下痢による腹痛だと思ったら実は前駆陣痛の痛みだった、ということもあります。

このように、前駆陣痛と連動して下痢が起こる場合もあります。前駆陣痛そのものは受診をする必要がなく、遠のいたり治まっていくもの。そのため後から考えると、「前駆陣痛だったかな?」ということもあります。

 

前駆陣痛とは違って、本陣痛とは徐々に強くなり、お産まで治まることはありません。

 

関連ページ

前駆陣痛とはどんな痛み?どれぐらい続く?本陣痛との違いとは【産科医】

 

 

臨月の下痢は胎児に影響する?

臨月に起こる下痢は、妊娠の影響によるものがほとんどで、一時的なものが多いです。下痢であっても飲食ができ、おおむね元気に過ごせるような状況であれば、胎児に影響を及ぼすことは考えにくいでしょう。

しかし、原因が妊娠による影響であっても感染性であっても、下痢によって飲食出来ず、脱水症状を起こしてしまった場合は、妊婦さんも受診して治療が必要です。また胎児にも必要な栄養が届かないことがあるため、注意が必要です。

 

 

臨月の下痢の注意点&受診タイミング

下痢での受診

 

臨月におこる下痢の原因は、大きく分けて2種類。妊娠によって誘引されるものと、感染性のものです。どちらの原因にしても、

・食欲があるか、飲水ができるか

・下痢以外で気になる症状はないか

・普段通り元気に過ごせているか

ということが受診を判断する目安になります。

 

下痢の時には脱水予防策を

下痢を引き起こした場合は、しっかりと電解質をとれるような水分補給をしてください。また冷たい飲み物、食べ物や刺激物は、さらに下痢を誘発してしまいます。白湯や、身体に吸収されやすい経口補水液をしっかり摂取しましょう。

 

下痢止めの服薬について

自己判断での下痢止めの服用は、絶対にしないでください。感染性の下痢の場合、症状が悪化する可能性があるためです。下痢の症状がある際は、まずはかかりつけの産科医や内科に相談して下さい。水分が摂れない場合は、脱水の予防のために点滴をすることがあります。

 

受診すべき妊娠中の下痢症状

1. 陣痛発来

下痢をするときは、吐き気を伴うこともあります。前駆陣痛や陣痛は、腹痛・胃痛・お腹の張り・腰痛などを伴うこともあり、吐き気もその症状に含まれます。

下痢の他に、腹痛が起きる間隔が定期的であり、次第に強くなって間隔も短くなれば、陣痛の可能性も考えられます。陣痛は痛みが強くなると、吐き気を伴うこともあります。

 

慌てて受診する必要はありません。しかし症状の傾向を観察しながら、いつもとは違う感覚があれば、かかりつけ医へ相談してください。

ただし妊娠36週6日までは早産域。もしも性器出血がある場合、早産の兆候かもしれません。夜間でもかかりつけ医へ連絡してください。

 

2. 感染症による下痢症状

下痢や嘔吐、腹痛以外に発熱や倦怠感などがあり、飲食ができずに、尿が濃くなって回数が減ってきたら、脱水が疑われます。受診の際は、一度かかりつけ医へ電話にて相談の上で判断を仰いでください。

 

1. 2. どちらのケースでも、出産予定日、何人目の妊娠かなどの基本的な情報を伝えます。さらに体温、どんな症状がいつからどの程度あるのか、胎動の様子なども伝えてください。

こんなことで電話してもいいのだろうか、と我慢してしまう妊婦さんもいます。「いつもと違う」「なんだか心配」という気持ちであれば、迷わず連絡してください。

 

3. その他

甲状腺機能亢進症がある場合などは、病状悪化の可能性も否めません。体温や脈拍数/分(手のひらを返して親指側の手首から触れる拍動)を観察してください。疾患のある方はより早めに受診の相談をしましょう。

 

 

《まとめ》

 

臨月の妊婦さんの下痢には、女性ホルモンの影響や腸の圧迫、自律神経の乱れなど様々な原因があります。妊娠による生理的なもの、感染性のものがありますが、一時的であればそれほど心配はいりません。ホームケアで様子をみても「いつもと違うな」という感覚があれば、かかりつけ医に相談しましょう。「どんな症状がいつからどの程度なのか?」を観察し伝えてください。

 

※写真提供:PIXTA

 

関連ページ

「臨月の吐き気」は陣痛の兆候?【産科医が解説】吐き気の原因と対処法

臨月の恥骨痛は出産間近のサイン?出産前の兆候と対策を助産師が解説

“出産の兆候”にまつわるまなべび講座一覧

             

監修者

公益社団法人 東京都助産師会

>詳しく見る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(録画配信) 無料

    6月9日開催 妊娠中から正しく知っておきたい【産後のママの体型戻し】座学編(無料)

    開催日
    2022/06/09(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/06/10(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/06/10(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    6月16日開催 正しく知っておきたい【産後のママの体型戻し】初心者もできる!骨盤ヨガ実践編(無料)

    開催日
    2022/06/16(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/06/17(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/06/17(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(ライブ配信) プレゼント 無料

    6月23日開催 子育てママ必見! 「今だからこそ知っておきたい!令和の学費の新常識~学費の貯め方」プレゼント付き!

    開催日
    2022/06/23(木)
    14:00~15:00
    詳細
    開催日
    2022/06/25(土)
    10:00~11:00
    詳細
    開催日
    2022/06/28(火)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月14日開催 【働く女性とその家族が知っておきたい】安心して出産・子育てを迎えるためには?(無料)

    開催日
    2022/07/14(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    20:00~20:30
    詳細