【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ ◆必ずもらえるプレゼントもあり◆オンラインで学ぶ!ママのための無料セミナー

妊娠期 -> 妊娠初期 -> 2ヶ月〈 4週5週6週7週

妊娠2ヶ月|4~7週【助産師監修】ママのお腹の大きさ・気を付けること

妊娠2ヶ月(4~7週)、ママのお腹の中に新しい命が宿っています。とても神秘的で素敵なことですが、なかなか実感がわかない人も多いでしょう。妊娠の喜びよりも不安が大きい人もいるかもしれません。たくさん考えたり悩んだりする間も、お腹の中の赤ちゃんは産まれてくるために、とても速いスピードで成長しているのです。妊娠2ヶ月はどのような体の変化があるのか、何に気をつけたら良いのか、一緒に見ていきましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

22

妊娠2ヶ月のお腹の大きさ・状態

妊娠2ヶ月のお腹

 

生理が来ず、予定日から1週間以上過ぎるころが、妊娠したかもと思い始める時期。妊娠2ヶ月ごろはちょっとした体の不調を感じる人もいれば、普段と変わらず妊娠に気づかない人もいます。それでもお腹の赤ちゃんはどんどん成長していますよ。

 

妊娠2ヶ月は体がだるいと感じることも

妊娠2ヶ月の子宮の大きさは、鶏の卵より一回り大きいくらいで、ママのお腹の膨らみは洋服を着ているとわからないほど。

なんとなく熱っぽい、だるい、いつも眠い、すぐに疲れるといった症状が出る人もいます。気分の浮き沈みが激しく、家族や周りに迷惑をかけたと、辛い気持ちになることも。

これはホルモンのせいで、自分ではどうする事もできない時があります。一人で悩まず、家族や産科医師、助産師に思いを伝えてみましょう。

 

妊娠2ヶ月の赤ちゃんは器官形成が盛ん

妊娠2ヶ月のお腹の赤ちゃんの大きさは0.5~1cmくらい。ゴマ粒からブルーベリーほどの大きさに成長します。とても小さな存在ですが、体の臓器や器官が作られる大切な時期。

妊娠6週7週頃になると、超音波検査で胎嚢(たいのう)という袋に包まれた赤ちゃんを見ることができ、心拍も超音波検査で確認できることが多いでしょう。

 

妊娠かもと思ったらまずは病院へ

妊娠2ヶ月という時期は、ママもお腹の赤ちゃんも妊娠に向けて変化し始めたばかり。子宮も赤ちゃんもまだ不安定な状態です。不調や不安を感じたら無理せず、産婦人科・婦人科などの病院で相談しましょう。

 

異所性妊娠や胞状奇胎

市販の妊娠検査薬は、hCGというホルモンが出ているかどうかにより、妊娠の可能性を判定するもの。しかしその結果は必ずしも正確ではありません。もしも子宮以外に着床する「異所性妊娠」や、異常な受精卵が増える「胞状奇胎」という病気の場合でも、陽性となる場合があります。妊娠検査薬だけではそのような病気は見分けられませんので、陽性が出たら必ず病院で受診しましょう。

 

流産

妊娠した人の約40%が流産すると言われるくらい、流産は頻度が高い疾患。妊娠12週未満の流産は、そのうち80%を占めます。

流産の原因で最も多いのは、赤ちゃんの染色体異常です。つまり仕事をしすぎたから、動きすぎたからといった、ママの原因ではないと言われています。妊娠2ヶ月ごろにもし大量の出血や、かなり強い腹痛がある場合は受診してください。

 

妊娠中にリスクが高い感染症

妊娠中に感染すると赤ちゃんに影響を及ぼす感染症がいくつかあります。その中でも深刻な状況になりやすいと言われているのがTORCH(トーチ)症候群

TORCHとは、

トキソプラズマ(Toxoplasmosis)

梅毒など(Other)

風疹(Rubella)

サイトメガロウイルス(Cytomegalovirus)

ヘルペス(Herpes simplex virus)

の頭文字を取ったものです。妊娠初期12週頃の採血で、感染していないかを調べます。

 

T・トキソプラズマ

 

猫などの動物を触る、土いじり、生肉やジビエ肉を食べる、などで体に寄生虫が入り感染する病気。妊娠中に感染すると、早流産や胎児水頭症の原因となることがあります。薬を服用して治療します。

 

O・梅毒など

 

近年増加傾向の性感染症。感染部にしこりができたり、手足にバラのような発赤が出たりします。赤ちゃんへの影響としては死産、早流産、奇形など。薬を服用して治療します。

 

R・風疹

 

子供の頃に予防接種を済ませていれば、大抵は免疫がありますが、最近は抗体値が低い人や予防接種を受けていない人もいます。

そのため、妊娠初期に風疹抗体検査(血液検査)を行うことも。もし抗体価が低いという結果であれば、妊娠中はできる限り人混みを避けるなど、感染予防を心がけてください。また出産後には風疹ワクチンの接種をおすすめします。

パパや家族で予防接種をしていない人がいたら、ワクチン接種を推奨していますので、かかりつけの病院で確認してください。赤ちゃんへの影響は、難聴、心疾患、白内障、心や身体の発達遅延などがあります。

 

C・サイトメガロウイルス

 

唾液や尿、便から感染します。上の子がいる家庭では、手洗い消毒をしっかりしましょう。赤ちゃんへの影響としては、低出生体重児、水頭症、肝臓機能異常などです。

 

H・ヘルペス

 

お腹の赤ちゃんへの影響はほとんど無く、既に罹患している人も必要以上に不安になる必要はありません。

出産時、外陰部に病変があると赤ちゃんに感染しますので、妊娠中は発症しないよう、疲れを溜めない生活を心がけます。発症した場合は薬での治療が大切。いずれも、かかりつけの産科医と相談しながら妊娠を継続していきましょう。

 

妊娠2ヶ月の食事・栄養-葉酸が大切

妊娠2ヶ月の食事

 

妊娠2ヶ月は、お腹の赤ちゃんの器官形成にとても大切な時期。食事・栄養には気をつけたいです。ただ、つわりや気分の不調で食事を摂れないママも多いです。

妊娠2ヶ月のお腹の赤ちゃんは、ママが食事から摂る栄養で十分育つとも言われるため、無理せず食べられるものを食べられる分だけ摂取しましょう。

 

赤ちゃんの器官形成に必要な葉酸

葉酸はお腹の赤ちゃんの器官形成に必要な栄養です。病院によっては、葉酸を補う薬を処方することも。枝豆、納豆、焼き海苔などに多く含まれますが、食品から栄養として取り込めるのは約半分。

かなり多くの量を摂取しないと、1日の摂取推奨量に至りません。サプリメントなどの上手な活用をおすすめします。

 

妊娠2ヶ月に医師に聞くこと・気をつけること

基礎疾患があるママは、内服している薬が、妊娠継続やお腹の赤ちゃんに影響をあたえることがあります。今飲んでいる薬を継続していいか、変更が必要なのかを産科医に相談してください。基礎疾患を診てくれている、かかりつけ医とも連携しましょう。

 

 

 《まとめ》

 

妊娠2ヶ月は妊娠期の始まり。不安なことがあれば一人で抱え込まずに、周りに自分の気持ちを素直に伝えてください。言葉にすることで、気持ちの整理ができますよ。何よりママが不安なく、幸せに過ごせることが大切です。

 

 

◆さらに読みたい妊娠2ヶ月

妊娠4週・5週・6週・7週の基礎知識ページ

 

妊娠4週|【助産師監修】ママの体の変化・妊娠初期の症状

生理の遅れやいつもと違う体調から、妊娠に気づくママもいるでしょう。妊娠検査薬で陽性が出たら、すみやかに産婦人科・婦人科を受診します。なかには風邪と勘違いしてしまうこともありますが、うっかり風邪薬を服用しないように注意。タバコやお酒はすぐにやめましょう。

 

妊娠5週|【助産師監修】つわりと初期症状・お腹の赤ちゃんの成長

妊娠初期症状として体のだるさ、吐き気、胸の張り、下腹部痛がおこり、早ければつわりが始まるママも。気分がイライラし情緒不安定にもなりやすいでしょう。超音波検査でママの子宮に胎嚢が見えると、妊娠を確定できますよ。

 

妊娠6週|【助産師監修】ママは出血に注意・お腹の赤ちゃんの心拍確認

本格的につわり感じ始める時期でしょう。吐き気がある時は無理して食べる必要はありません。スープやゼリーなど少しずつでも大丈夫。つわりには特効薬がなく、治まる時期を待つしかありません。辛いかもしれませんが、周りの人を頼ってくださいね。

 

妊娠7週|【助産師監修】ママのつわり症状・お腹の赤ちゃんの成長

赤ちゃんの体となる胎芽は1~1.5㎝ほどになり、超音波検診ではエコーを通して、赤ちゃんの心臓の音が聞こえるかもしれません。ママはつわりに加え頻尿・便秘・肌荒れを感じるかも。トイレの回数が増えますが、脱水や膀胱炎を防ぐためにも水分はより多めに摂ることを心がけましょう。

監修者

公益社団法人 東京都助産師会

>詳しく見る
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

22

>基礎知識を学ぶ!TOPへ戻る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(録画配信) 無料

    9月29日開催 助産師が教える【産後に向けて】妊娠中からできるおっぱいのお手入れ(無料)

    開催日
    2022/09/29(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/09/30(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/09/30(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(ライブ配信) プレゼント 無料

    10月18日開催 ママ必見!「家族や子どもの将来ために!我が家に合った賢いお金の持ち方・増やし方」プレゼント付

    開催日
    2022/10/18(火)
    14:00~15:00
    詳細
    開催日
    2022/10/19(水)
    10:00~11:00
    詳細
    開催日
    2022/10/25(火)
    14:00~15:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    10月13日開催 助産師が教える ママも赤ちゃんも 【らくらく卒乳講座】(無料)

    開催日
    2022/10/13(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/10/14(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/10/14(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    10月20日開催 0歳からはじめる~赤ちゃんの排泄に寄り添う~【トイレトレーニング】(無料)

    開催日
    2022/10/20(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/10/21(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/10/21(金)
    20:00~20:30
    詳細