【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ ◆必ずもらえるプレゼントもあり◆オンラインで学ぶ!ママのための無料セミナー

妊娠期 -> 妊娠中期 -> 6ヶ月〈 20週21週22週23週

妊娠6ヶ月|20~23週【助産師監修】ママのお腹の大きさ・体重増加

妊娠6ヶ月(20~23週)は妊娠期間の折り返しに入った妊娠中期。胎盤は完成し安定期と呼ばれます。比較的ママの体調は安定している時期ですが、体重増加には注意。またお腹の赤ちゃんはどんどん成長し、ママのお腹は大きくなり、外見からでも段々と膨らみが目立つようになります。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

35

妊娠6ヶ月のお腹の大きさ

妊娠6ヶ月のお腹

 

妊娠5ヶ月頃からお腹は少しずつ大きくなり始め、妊娠6ヶ月にはさらにお腹の膨らみが目立つように。赤ちゃんは速いスピードで大きくなる時期です。妊娠6ヶ月の後半には、赤ちゃんの身長は約30cmで「大人の頭大」と言われます。体重は約400~700gにまで成長しますよ。

 

妊娠6ヶ月は多くのママが胎動を感じる

初めての妊娠であれば、胎動を感じるようになる時期は20週。経産婦であれば、それよりも少し早い妊娠18週19週頃が平均です。

初めの頃は「これが胎動なの?」と迷うことでしょう。「ピクピク」する感覚、「腸の動きに似ている」感覚など、胎動の感じ方は人それぞれです。

また、胎盤の位置や羊水の量、ママの皮下脂肪の厚さなどによって、胎動に気づく時期は変わります。初めはっきり分からずに不安になるかもしれません。ですが、徐々にはっきり感じられますので、ゆったりした気持ちで胎動を待ちましょう。

 

妊娠6ヶ月はお腹が大きくなり様々な症状も

妊娠6ヶ月にもなると、子宮も赤ちゃんもどんどん大きくなり、お腹の大きさも日々変化する時期。それにより様々な症状を感じることがあります。その代表を見てみましょう。

 

腰・背中の痛み

 

お腹が大きくなることで重心が前にかかるため、ママはバランスを取ろうと反り腰になりがち。これが妊娠期によくある、腰痛の原因になることがあります。まっすぐな姿勢を心がけ、重いものを持つ動作、前にかがむ動作は避けましょう。適度な運動やストレッチもおすすめです。

 

頻尿

 

妊娠中は子宮が大きくなり膀胱を圧迫するため、排尿の回数は増えるのが一般的。夜中に何度も起きて苦痛かもしれませんが、水分を控えることも良くないので、しっかり摂るようにします。

頻尿や残尿感などの症状が強ければ、膀胱炎などの可能性もあるので医師に相談してくださいね。

 

足のむくみ

 

妊娠するとホルモンバランスの変化で、むくみが出やすくなります。また、子宮が大きくなるにつれて足から心臓に戻る血流が圧迫され、特に足がむくみやすいと感じるママもいるでしょう。

適度な運動やストレッチ、ゆっくりと湯船に浸かるなどして、血液の循環を良くしましょう。妊娠中は体を冷やさないことも大切。弾性ストッキングを履くのもおすすめです。

横になるときには足の下に枕などを置き、少し足先を上げて休むと良いでしょう。

 

妊娠6ヶ月の体重増加は1ヶ月1kgを目安に

妊娠6ヶ月ごろの赤ちゃんは、かなりのスピードで大きくなります。またママの体も、お腹はもちろん乳房が大きくなったり血液量が増えたりと、様々な変化が起こっています。そのため体重増加するのは自然なこと。

ただし急激に体重増加してしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病という病気のリスクが高まり、ひどい場合には母体への悪影響だけでなく、赤ちゃんの成長を妨げることもあります。

 

この時期の体重増加の目安は、1ヶ月1kg程度。妊娠6ヶ月が終わる頃に、妊娠前からの体重増加が3~4kg程度に抑えられると理想です。

妊娠中期にはつわりがなくなり、つい食べ過ぎてしまう時期ですが、過度な体重増加には注意しましょう。

 

妊娠6ヶ月の食事は1日3食を規則正しく

妊娠6ヶ月の食事

 

妊娠6ヶ月ごろは、ママの食事が胎盤を通して赤ちゃんに影響します。まずは1日3回規則正しく、バランスの良い食事を心がけましょう。不規則な食事は、太りやすく痩せにくい体を作り、体重増加などコントロール不良を招きやすいのです。

 

妊娠中の栄養は「食事」から

様々なサプリメントが販売されていますが、これに頼ると栄養素が偏りやすいですので、基本的には、食事から栄養を摂りましょう。

 

妊娠中に意識すべき「葉酸・鉄分・カルシウム」

妊娠中はこの3つの栄養素を摂れば十分、というわけではなく、赤ちゃんの成長には多くの栄養が必要です。その中でも、葉酸・鉄分・カルシウムの3つが特に不足しやすいと言われるため、妊娠初期からより意識して摂りましょう。

 

葉酸

葉酸は、ほうれん草・ブロッコリー・納豆・キウイなどに多く含まれます。ただし葉酸は水に溶けやすく、調理中に減りやすい栄養素「茹でる」より「炒める」、「電子レンジで加熱」など、調理方法を工夫するといいでしょう。

 

鉄分

妊娠中は赤ちゃんの成長のため、鉄分の必要量が増加。ママは貧血になりやすいので、食品で補うようにします。

鉄分は、お肉(赤身)・魚・貝・ほうれん草・豆腐・納豆などの大豆製品などに多く含まれます。また、ビタミンCや葉酸・ビタミンB12を多く含む食材は、鉄の吸収を高めてくれるので、合わせて摂りましょう。

逆にコーヒーや緑茶・紅茶は鉄分の吸収を妨げるので、食事と一緒に摂らない方が良いでしょう

 

カルシウム

カルシウムは、お腹の赤ちゃんの骨や歯の基礎を作ります。大豆製品・牛乳・ヨーグルト・小魚・小松菜・乾燥ひじき・切り干し大根などに多く含まれます。乳製品だけでは乳脂肪を摂りすぎてしまうので、食材からも摂取できるとより良いですよ。

またビタミンDを合わせて摂ると、より吸収が良くなります。

 

妊娠6ヶ月の過ごし方で気をつけること

妊娠6ヶ月ごろに病院で医師に聞くと良いこと、生活で気をつけたいことはこのとおりです。

 

お腹の張りや痛み

妊娠6ヶ月に入ると、お腹の張りを自覚するママもいるでしょう。お腹が頻繁に硬くなる、収縮するような感覚があれば受診しましょう。万が一、お腹の張りだけでなく痛みや出血がある場合は、すぐに医師に相談し受診してくださいね。

 

妊娠6ヶ月の赤ちゃんは、まだ外で生きていく力は十分ではありません。お腹が張りやすい場合は横になり、無理のない生活を心がけましょう。

 

健診でわかる赤ちゃんの性別

妊娠6ヶ月では、超音波検査で赤ちゃんが上手く脚の間を見せてくれれば、性別は判断可能な時期。元気に産まれてくれれば良いと思いながらも、やはり性別は気になることでしょう。

もちろんまだ判定できないかもしれません。医師から性別について話がなくても、もし気になるのであれば、聞いてみても良いでしょう。

 

妊婦歯科検診

妊娠6ヶ月は安定期に入っているので、そろそろ歯科検診を受けましょう。治療に時間がかかることもあります。仰向けがつらくなる前に治療が完了できるように、早めに受けるようにしてくださいね。

 

 

◆さらに読みたい妊娠6ヶ月

妊娠20週・21週・22週・23週の基礎知識ページ

 

妊娠20週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの大きさ・ママの症状

赤ちゃんの体重は300gくらいに成長します。ママの体には腰痛や便秘といったマイナートラブルが現れるかも。またむくみも出やすいです。血行を良くするため運動をしたり、下半身浴で温めるのがおすすめ。塩分は控えながら水分は忘れずに摂りましょう。

 

妊娠21週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの大きさ・ママの体重管理

赤ちゃんは体重380gほどになり、活発な動きが胎動として感じられるでしょう。ぜひパパとも胎動を共有し、父親になる心の準備をしてもらえるといいですね。ママはバランスの良い食事を摂れていますか?引き続き鉄分や葉酸を意識して摂取しましょう。

 

妊娠22週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの大きさ・ママが感じる胎動

お腹のふくらみが目立つようになります。妊娠線を防ぐには保湿が大切。急激な体重増加は妊娠線をできやすくするため、体重管理も重要ですよ。赤ちゃんは体重およそ470gで、爪やまつ毛、眉毛が発達し、肺で呼吸するための準備を始めています。

 

妊娠23週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの成長・胎動の強弱

赤ちゃんの聴覚が発達し、いろいろな音をお腹の中で聞いています。パパと一緒に声をかけてあげましょう。体重は約560gに増え、胎動が強くなっているかも。赤ちゃんは20~30分おきに寝たり起きたりしています。寝ている間は動かいないので、胎動にムラがあっても心配ありませんよ。

監修者

公益社団法人 東京都助産師会

>詳しく見る
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

35

>基礎知識を学ぶ!TOPへ戻る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(録画配信) 無料

    9月29日開催 助産師が教える【産後に向けて】妊娠中からできるおっぱいのお手入れ(無料)

    開催日
    2022/09/29(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/09/30(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/09/30(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(ライブ配信) プレゼント 無料

    10月18日開催 ママ必見!「家族や子どもの将来ために!我が家に合った賢いお金の持ち方・増やし方」プレゼント付

    開催日
    2022/10/18(火)
    14:00~15:00
    詳細
    開催日
    2022/10/19(水)
    10:00~11:00
    詳細
    開催日
    2022/10/25(火)
    14:00~15:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    10月13日開催 助産師が教える ママも赤ちゃんも 【らくらく卒乳講座】(無料)

    開催日
    2022/10/13(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/10/14(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/10/14(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    10月20日開催 0歳からはじめる~赤ちゃんの排泄に寄り添う~【トイレトレーニング】(無料)

    開催日
    2022/10/20(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/10/21(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/10/21(金)
    20:00~20:30
    詳細