【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 【妊婦さん限定プレゼント】SNSフォロー&アンケートで豪華賞品を当てよう‼

妊娠期 -> 妊娠中期 -> 5ヶ月〈 16週17週18週19週

妊娠5ヶ月|16~19週【助産師監修】ママのお腹の大きさ・お腹の張り

妊娠5ヶ月(16~19週)、お腹がどんどん大きくなり、胎動をしっかりと感じ、ママとしての喜びを感じられるでしょうか。子宮が大きくなりお腹が張りやすいので、無理せず休憩しながら過ごしましょう。つわりがおさまり、食べられることが嬉しくて、急激に体重増加してしまうママも。妊娠後期はますます体重が増加しやすいので、体重管理は頑張りどころですよ。大切な栄養素、オメガ3脂肪酸を積極的に摂取して、バランスのとれた食事を心がけましょう。マタニティヨガやスイミング、ウォーキングなど体を動かして、エネルギーを消費するのもおすすめ。妊娠5ヶ月に入ると、妊娠期間の中間地点がもうすぐです。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

7

妊娠5ヶ月のお腹の大きさ・状態

妊娠5ヶ月のお腹

 

妊娠5ヶ月ごろの子宮は、恥骨とおへそのちょうど真ん中あたりまで大きくなり、サッカーボールくらい。胎動をしっかり感じられ、お腹の赤ちゃんの成長が実感できます。

 

妊娠5ヶ月のお腹の張りには安静

妊娠5ヶ月、子宮の筋肉やそれを支える靭帯が引き伸ばされるため、お腹の張りや痛みを感じるママが多くなるころ。腹帯をすると症状が和らぐこともあるので、試してみましょう。

お腹が張りやすいのは、家事や運動の時、長時間立ち仕事をする時、体が冷えている時。お腹の張りは「ぎゅーっとなる」「チクチクする」「ずんと重くなる」「カチカチになる」といった表現がされます。

お腹をそっと触って、いつもより硬ければ横になり安静にしましょう。それでも張りがおさまらない、1時間に5回以上痛みを伴う張りがある場合、かかりつけの産科医に連絡しましょう。

 

妊娠5ヶ月のめまいやふらつき

妊娠中は、起立性低血圧や鉄欠乏性貧血などが原因で、めまいや立ちくらみを感じるママも。横になった状態から起き上がる時や、階段をのぼる時はゆっくり動いてください。

また妊娠5ヶ月ごろになると、乳腺が発達し胸が大きくなります。締め付けの少ないマタニティブラを着用しましょう。

 

妊娠5ヶ月のお腹の赤ちゃんの大きさ&胎動

妊娠5ヶ月の半ばには、赤ちゃんの大きさは身長約20cm、体重約200g。グレープフルーツほどの大きさになります。

お腹の赤ちゃんは寝ている時間と起きている時間の、規則的なリズムができてきます。胎動もよく感じられるでしょう。

 

妊娠5ヶ月の体重管理-急な増加に注意

妊娠5ヶ月にもなるとつわりが治まり食欲が旺盛となったママは、体重が増加しすぎる傾向です。急激な体重増加は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などのリスクを高めますので、気をつけましょう。

 

妊娠前に標準体重だった場合、妊娠5ヶ月までに3~4kg程度の増加であれば、2週間で0.5~1kgの増加を目安に体重管理をしましょう。

妊娠前のBMIが25以上のママは、医師と相談して目標体重を決めましょう。自分で体重管理するのが難しい時には、栄養士の指導も受けられますので、産科医か助産師に聞いてみてくださいね。

 

※BMI=体重㎏/(身長m)²

 

妊娠5ヶ月の食事・栄養-オメガ3脂肪酸を摂取

妊娠5ヶ月の栄養

 

最新の研究で「妊娠中にオメガ3脂肪酸という栄養素を、1日500gあたり摂取することで、早産児を出産するリスクが低下。また生後1年の幼児の問題解決能力が向上する。」ということが分かりました。

さらには、ママの免疫力アップや産後うつ緩和にも役立つ、という研究結果も。妊娠から授乳期にかけて、オメガ3脂肪酸はママと赤ちゃんのための大切な栄養素だとわかりますね。

 

妊娠中におすすめのくるみ・アマニ油

オメガ3脂肪酸が多く含まれる食材は、サーモンやサバなど脂肪の多い魚と、良質の脂肪が含まれるナッツ類、アマニ油など。体内で生成されないため、食材で摂取するしかありません。

脂肪と聞くと太りそうなイメージがありますが、良質の脂質なので基本的に太ることはありません。満腹感が得られエネルギーの消費量も増えるので、妊娠中の体重管理にもおすすめです。

特に多く含まれているのは、くるみです。1日に必要な量は片手で握れるくらいの量なので、間食で食べたり、サラダに砕いて入れたりすると気軽に摂取できそうですね。

 

また、アマニ油にもオメガ3脂肪酸が豊富に含まれます。1滴垂らすだけで十分な量を摂取できるため、お肉がメインの食事にも積極的に利用しましょう。

 

妊娠5ヶ月に気をつけること-妊娠中の運動

妊娠5ヶ月にもなると、つわりが終わりママの体調は安定していきます。出産への体力づくりとして、運動したいママもいるでしょう。ウォーキングやマタニティヨガ、マタニティスイミングなど、体も心もリフレッシュできる運動がいいですね。

ただし妊娠5ヶ月、この時期に無理をすると貧血や低血圧の症状が出たり、お腹が張ることで出血や切迫早産のリスクを高めることも。今の状態で運動をしても良いか、かかりつけの産科医に聞いてから始めましょう。

 

 

◆さらに読みたい妊娠5ヶ月

妊娠16週・17週・18週・19週の基礎知識ページ

 

妊娠16週|【助産師監修】お腹の膨らみ・赤ちゃんの体重と胎動

胎盤が完成し、ママから酸素や栄養が赤ちゃんへ届くようになります。5ヶ月に入ったら軽い運動はしても大丈夫。ウォーキングやマタニティヨガなどでリフレッシュするものいいですね。赤ちゃんは身長16~20㎝、体重110gくらいになり、ぐんぐんと成長しています。

 

妊娠17週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの胎動・エコーでわかる性別

超音波検査では赤ちゃんの性別がわかるほか、手や指を動かすしぐさが見られることも。ママは食欲が増し食べ過ぎてはいませんか?体重管理は大切ですが、栄養をしっかり摂ることは忘れずに。ほうれん草・大豆・あさりなどは鉄分が豊富でおすすめです。

 

妊娠18週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの成長・胎動の感じ方

動悸や息切れのほか、姿勢の悪化、腰痛などさまざまなマイナートラブルが出てくるでしょう。靴はぺたんこよりも少しだけヒールがあるほうが、腰痛予防になります。赤ちゃんの身長は20㎝、体重は200gほど。性別がわかると、ベビー用品の準備も進みますね。

 

妊娠19週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの成長・ママの体重増加の目安

赤ちゃんの体重は250gほどまでに成長。手足を伸ばしたり首を振ったりします。早いと胎動を感じ始めるママもいますが、その時期には個人差があり、感じ方も人それぞれ。今の時期に胎動がわからなくても、心配することはありませんよ。

監修者

公益財団法人 東京都助産師会

>詳しく見る
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

7

>基礎知識を学ぶ!TOPへ戻る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(録画配信) プレゼント 無料

    11 月11 日開催 『子育てに必要なお金の全て』を分かりやすく解説!無理なく貯めるには?ママからのご質問にお答えします!(無料)

    開催日
    2021/11/11(木)
    14:00~15:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    10:00~11:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    11月4日開催【入院前に準備しておくべきもの・出産前に揃えておくべき赤ちゃんのお世話に必要なもの】助産師がお話します(無料)

    開催日
    2021/11/4(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/5(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/5(金)
    20:00~20:30 
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    11月18日開催 助産師が解説【初めての授乳(母乳) 飲ませ方や正しい姿勢&げっぷの出し方】(無料)

    開催日
    2021/11/18(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/19(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/19(金)
    20:00~20:30 
    詳細