【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 【妊婦さん限定プレゼント】SNSフォロー&アンケートで豪華賞品を当てよう‼

妊娠期 -> 妊娠初期 -> 4ヶ月〈 12週13週14週15週

妊娠4ヶ月|12~15週【助産師監修】ママのお腹の大きさ・お腹の赤ちゃんの性別

妊娠4ヶ月(12~15週)になるとつわりが落ち着いてきて、体調が良くなるママもいるでしょう。母子手帳が交付され、いよいよママになった実感が湧いてくる時期。お腹の赤ちゃんは羊水に守られ、元気に動き回っています。タイミングが良ければ赤ちゃんの性別がわかるかもしれませんね。子宮が大きくなると起こりやすい、尿路感染症や便秘には気をつけてください。またママの体は赤ちゃんに酸素や栄養を届けるため血液の量が増え、貧血になりやすいです。貧血予防のための食事についてお伝えします。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

12

妊娠4ヶ月のお腹の大きさ・状態

妊娠4ヶ月のお腹

 

妊娠4ヶ月、ママの子宮は恥骨の上あたりまで大きくなります。見た目ではまだ妊娠しているとわからないくらいなので、お腹が圧迫される人混みや、混雑した電車には気をつけてくださいね。

 

妊娠4ヶ月には様々な不調が解消することも

妊娠4ヶ月ごろは子宮が膨らみ膀胱から離れることで、一時的に頻尿が治まる傾向です。

また基礎体温が下がり、体のほてりがなくなってきます。つわりがあったママも、妊娠4ヶ月には落ち着いてくる頃でしょう。気分が良くなり、体も楽になるので、妊娠している喜びを存分に味わえると良いですね。

 

妊娠4ヶ月は赤ちゃんの性別がわかるかも

妊娠4ヶ月の初めごろには、お腹の赤ちゃんは身長約6㎝、体重は約35g。4ヶ月の終わり頃には、身長は約8cm、体重は約100gになります。パプリカくらいの大きさまで成長します。

赤ちゃんの臓器や器官の形成が完成に近づいてきます。手足の爪も伸びてきますよ。赤ちゃんは羊水の中でくるくる回り、元気に運動していますが、ママが胎動として感じるほど力強くはありません。

妊娠4ヶ月ごろは外性器がほぼ出来あがり、早いと性別がわかることもありますが、超音波検査で判別するのはまだ難しい時期です。サービス精神旺盛な赤ちゃんなら、見せてくれるかもしれませんね。産まれるまで性別を知りたくないママは、今のうちに医師や助産師にその旨を伝えましょう。

 

妊娠4ヶ月のママが気をつける-便秘・尿路感染症

妊娠4ヶ月になると子宮が大きくなり、妊娠中に分泌されるホルモンの影響で、今までになかった病気やトラブルが出てきます。

 

尿路感染・腎盂腎炎

尿路感染は、腎臓と膀胱をつなぐ道(尿管)を通る尿の流れが遅くなり、細菌が流れ出にくくなって起こります。排尿痛、残尿感、尿が濁るなどの症状です。

さらに腎臓まで細菌が入り込むと、腎盂腎炎(じんうじんえん)になります。尿路感染の症状に加えて、発熱や体のだるさ、背中や腰の激痛といった症状が出ます。

妊娠中はこの病気を繰り返すママも多いです。妊娠4ヶ月ごろ、もしも違和感があればかかりつけの産科医に相談しましょう。

 

便秘

妊娠中は腸の動きが鈍くなることで、便秘になるママもいます。水分をこまめに補給し、食物繊維の豊富な食材を摂取して、適度な運動を心がけましょう。

便秘によってお腹が張りやすくなり、切迫早産の原因になることもあります。医師に相談して、便を柔らかくする薬を処方してもらうのも良いでしょう。

 

妊娠4ヶ月の食事・栄養-貧血予防を心がける

妊娠4ヶ月の食事

 

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養をたくさん送るために、ママの血液量は増加します。しかし、酸素や栄養を運ぶ赤血球の数や成分は変わらず、血液は薄まった状態です。この状態が貧血なのです。

貧血になると、ふらつきやめまい、息切れといった症状が出ます。出産時には弱い陣痛でお産が長引いたり、出血が続くこともあります。妊娠4ヶ月、今の時期から貧血予防の食事を心がけましょう。

 

妊娠中の貧血予防に良い食事

鉄分は動物性タンパク質、卵や豆類、ひじきやほうれん草、プルーンなどに含まれます。ビタミンCをともに摂取することで、吸収率はアップします。

例えば食後にイチゴやバナナ、柑橘類のフルーツを摂るだけでも鉄を吸収しやすくなりますね。ただし、果物は食べすぎると糖分の摂りすぎにつながるので、食べ過ぎに注意。基本的には野菜を多く摂るように心がけましょう。

 

一品料理でおすすめなのは、エビやアサリの入ったシーフードカレー、大葉とひじきの豆腐ハンバーグです。鉄は一回に吸収できる量が決まっているため、1日の中でこまめに摂ります。

またコーヒーや紅茶に含まれるタンニンは、鉄の吸収を妨げるので妊娠中は控えましょう。

 

妊娠4ヶ月に医師に聞くこと-胎児スクリーニング検査

妊娠12週前後、超音波による胎児スクリーニング検査を実施する病院があります。これは出生前診断のひとつと捉えられ、先天的異常の確率を知ることができます。

母体の年齢、胎児の首の後ろのむくみ、鼻骨・口蓋骨の観察、心臓の弁や臍帯と心臓をつなぐ血管の血流など、様々な項目をチェックします。ただし超音波でわかる異常は限られており、この検査だけで確定診断とはなりません。

 

検査を受けるかどうか、受けて異常があった場合はどうするのか、今後の人生に関わる大切なことです。医師から十分に説明を受け、わからないことはしっかり質問し、家族で考えて納得をしてから決断できると良いですね。

 

 

◆さらに読みたい妊娠4ヶ月

妊娠12週・13週・14週・15週の基礎知識ページ

 

妊娠12週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの成長・つわりが治まらない場合

つわりが治まってくるママも多いでしょう。胎盤が完成するころにはホルモンバランスも安定し、体のだるさも軽減していきます。赤ちゃんの大きさは6㎝、14gほど。口を開けたり閉じたりする動きもみられます。羊水を吸い込みながら呼吸の練習をし始めています。

 

妊娠13週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの大きさ・つわり症状が落ちつく

体重は35gほどのまだまだ小さな赤ちゃんですが、羊水にぷかぷか浮きながら自分で動くことができます。手足の指も形成されますよ。ママのお腹も少し出て、乳房が大きくなり始めるでしょう。マタニティ用の下着などをそろえるのも良いかもしれません。

 

妊娠14週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの大きさ・ママの体調の変化

お腹・おっぱいが大きくなり始めます。つわりでまだ食欲がない時には、酸っぱいものを食べると口がさっぱりしますよ。冷たいトマトや柑橘類のフルーツは、水分とビタミン豊富でおすすめ。赤ちゃんは10~12㎝、体重60gくらい。胎盤も完成に近づき、少し安心できる時期になりそうです。

 

妊娠15週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの大きさ・ママの体調と症状

赤ちゃんは身長約16㎝、体重約100gまで成長。筋肉が発達し、手足の動きが活発になります。ママはつわりが治まり食欲が復活するかもしれません。食べ過ぎには注意と言われるものの、体重増加や食事量のコントロールは難しいですよね。ひとりで迷わず、妊婦健診で相談してみましょう。

監修者

公益財団法人 東京都助産師会

>詳しく見る
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

12

>基礎知識を学ぶ!TOPへ戻る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(録画配信) プレゼント 無料

    11 月11 日開催 『子育てに必要なお金の全て』を分かりやすく解説!無理なく貯めるには?ママからのご質問にお答えします!(無料)

    開催日
    2021/11/11(木)
    14:00~15:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    10:00~11:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    11月4日開催【入院前に準備しておくべきもの・出産前に揃えておくべき赤ちゃんのお世話に必要なもの】助産師がお話します(無料)

    開催日
    2021/11/4(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/5(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/5(金)
    20:00~20:30 
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    11月18日開催 助産師が解説【初めての授乳(母乳) 飲ませ方や正しい姿勢&げっぷの出し方】(無料)

    開催日
    2021/11/18(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/19(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/19(金)
    20:00~20:30 
    詳細