【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 《LINE友だち追加》でAmazonギフト券が当たる!今すぐ登録を♪

妊娠期 -> 妊娠後期 -> 9ヶ月〈 32週33週34週35週

妊娠9ヶ月|32~35週【助産師監修】ママの体重増加への注意・出産準備

妊娠9ヶ月(32~35週)、お腹はさらに大きくなり、出産まであともう少しです。子宮は胸のすぐ下まで大きくなり、お腹が張ったり、簡単な動きでも呼吸が辛かったり、ご飯を食べるとすぐに胃がムカムカしたり、体の不調を感じやすくなります。入院の準備はできていますか?仕事をしているママは、時間のない中での準備は大変かと思いますが、万一の事態に備えて、荷物はまとめて玄関に置いておきましょう。最後まで心身ともに健やかに、マタニティライフを楽しみましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

13

妊娠9ヶ月のお腹の大きさ・状態

妊娠9ヶ月のお腹

 

妊娠9ヶ月のお腹はいちだんと大きくなり、子宮はみぞおちあたりまで膨らみます。胃や横隔膜、心臓が圧迫されて、胃もたれや息苦しさ、動悸などといった症状が出るママもいます。

 

胃もたれの時の食事

妊娠9ヶ月にもなると胃が子宮で圧迫され、胃のむかつきを感じることがあります。1回の食事量を減らし1日5回くらいの分食にする、消化に良いものを選ぶ、といった工夫をしてみましょう。

 

呼吸が苦しい・心臓がドキドキする時

起き上がる、立ち上がるなどの動作はゆっくりにし、疲れたときはこまめに横になって休みましょう。そうすることでママも疲れにくく、お腹の赤ちゃんへの血流も確保でき、十分な栄養を与えることにつながります。

 

お腹の赤ちゃんは肺が成熟

妊娠9ヶ月のお腹の赤ちゃんは身長約45cm体重は約2300g~2800gになります。大きめの白菜くらいの大きさです。肺機能が成熟し、いつ産まれても酸素を取り込めるようになります。

 

全身が胎脂というロウのような白いクリーム状のもので覆われます。これは、薄くて敏感な赤ちゃんの肌を守り、保温にも役立ちますよ。

妊娠9ヶ月にはひとつひとつの動作が大きく力強くなるので、激しい胎動で苦しくなったり不快になったりする時も。そんなときは「元気だって教えてくれたのかな」などと思うようにすると気が楽になるでしょう。

 

妊娠9ヶ月はいつでも入院できる準備を

妊娠9ヶ月の出産準備

 

出産する予定の病院から入院に必要な物品について説明があると思います。妊娠34週前には全て準備しておきましょう。

 

荷物はなるべく1つにまとめ玄関に

突然の激しい痛みや陣痛、出血、破水などが原因だと、家族が側にいない時に、急に入院となる場合があります。

また妊娠9ヶ月にもなると、妊婦健診でそのまま入院を指示される場合もあり、後で家族が荷物を持参することもあります。なので、玄関の目に付く場所へ置いておくと家族にもわかりやすく、安心。ご家族の方にも前もってその旨を伝えておきましょう。

 

妊娠9ヶ月に準備しておきたいグッズ

妊娠9ヶ月ごろには準備しておきたい、入院時にあると便利なグッズをご紹介します。

 

リップクリーム 

陣痛が辛くて口呼吸になるので唇が乾燥します。

 

テニスボール 

赤ちゃんの頭が降りてくるとお尻が押される感じがします。テニスボールで押し返すと楽になる人が多いです。

 

ストロー 

出産中はこまめに水分補給が必要。横になっても飲めるようなペットボトルに取り付けるストローがあると便利です。

 

うちわ 

出産の時は家族にうちわであおいでもらいましょう。

 

出産に備えバースプランを

いよいよ妊娠後期、そろそろ出産本番に備えて、具体的なバースプランを考え始める時期です。

好きな音楽をかける、アロマを焚く、写真やビデオを撮る、立会い出産するなど具体的な希望がある場合には、病院によってできること・できないことがありますので、助産師に相談してみるとよいでしょう。

 

妊娠9ヶ月の食事・栄養-ママも赤ちゃんも体重増加が加速

妊娠9ヶ月頃の赤ちゃんは、妊婦健診のたびに200~500gくらい体重が増加していきます。ママは今までの体重管理が順調であれば、妊婦健診毎に0.5~1kgくらいの体重増加が目安となります。

 

糖の吸収を緩やかにして体重増加をコントロール

タンパク質、鉄分、カルシウムは大切な栄養ですので、妊娠9ヶ月も引き続き意識して摂取してください。さらに体重増加をコントロールするためには、糖の吸収を緩やかにする食材を選ぶと、妊娠糖尿病の予防にもなります。特に、納豆やオクラといったネバネバ食材がおすすめ。

主食であるパンはライ麦や全粒粉でできたもの、お米は白米よりも玄米に近い3分つき、5分つきを選びましょう。

また、雑穀や大麦、乾燥こんにゃくなどを入れたご飯もおすすめです。量を減らさずにカロリーを抑えるだけでなく、栄養価も高いので続けられそうですね。

 

妊娠9ヶ月に医師に聞くこと・気をつけること

母親学級などで、出産で起こりえるリスクに関して医師や助産師から説明があります。

安全な出産となるよう医師も助産師も全力を尽くしますが、出産は何が起きるかわかりません。あらかじめ、どんなことが起こり得るのかママや家族と情報を共有する事がママと赤ちゃんの命を守ることにつながります。

わからないことや質問があれば遠慮なく聞いてください。

 

また妊娠9ヶ月には毎日、胎動カウントをして過ごしてみましょう。ママがリラックスしている時に、10回の胎動で何分かかったかをチェックします。胎動カウントのアプリもありますので活用してもいいですね。

妊娠9ヶ月ごろのお腹の赤ちゃんは20〜30分ごとに眠ったり、起きたりを繰り返しています。1時間全く胎動がない場合は、胎児機能不全といって、赤ちゃんが元気ではない状態かもしれませんのでかかりつけの産科医に連絡をしましょう。

 

 

◆さらに読みたい妊娠9ヶ月

妊娠32週・33週・34週・35週の基礎知識ページ

 

妊娠32週|【助産師監修】お腹の張りや前駆陣痛・胎児の大きさ

子宮による圧迫で血流が悪化し、血圧が低下することがあります。ママは横向きの楽な姿勢で寝るのがいいですよ。赤ちゃんは体重1,400~2,200gほどに成長し、お腹の中でママの声を認識できるように。よりふっくらと人間らしい体つきです。

 

妊娠33週|【助産師監修】ママのお腹の大きさと症状・胎児の発育

赤ちゃんは1,500~2,400gほどに大きくなり、数十分おきに寝たり起きたりをくり返しています。ママはぐっすり眠れていますか?トイレの回数が増えたり、恥骨の痛みもよくある症状。不安な気持ちが大きくなるかもしれませんが、抱え込まずに助産師に話してみましょう。

 

妊娠34週|【助産師監修】ママの体と前駆陣痛・胎児の成長と体重

赤ちゃんは肺の機能が完成し、2,000gを超えることも。ただしまだこの時期は早産です。お腹の張りや痛みがどんどん強くなったり、出血があればすぐ受診しましょう。入院準備をすませ、万一に備えて、入院の準備を済ませておきましょう。

 

妊娠35週|【助産師監修】胎児の大きさ・お腹の張りと痛み

立ち会い出産など、お産に対する希望はありますか?パパや家族とよく相談して、病院に伝えましょう。赤ちゃんの体重は1,800~2,800gくらいになり、子宮の上部はママのみぞおちまできます。胃が押し上げられ、胸やけや消化不良がおこりやすいでしょう。

監修者

公益財団法人 東京都助産師会

>詳しく見る
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

13

>基礎知識を学ぶ!TOPへ戻る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(録画配信) プレゼント 無料

    11 月11 日開催 『子育てに必要なお金の全て』を分かりやすく解説!無理なく貯めるには?ママからのご質問にお答えします!(無料)

    開催日
    2021/11/11(木)
    14:00~15:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    10:00~11:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) プレゼント 無料

    10月1日開催 助産師によるマタニティ教室 【初めての妊娠・出産・育児】 ~妊婦さんからのご質問にライブでお答えします~

    開催日
    2021/10/01(金)
    14:00~15:30
    詳細
    開催日
    2021/10/02(土)
    10:00~11:30
    詳細
    開催日
    2021/10/02(土)
    20:00~21:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    10月7日開催 助産師×マタニティ整体師による【安産体操&骨盤エクササイズ】

    開催日
    2021/10/07(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/10/08(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/10/08(金)
    20:00~20:30 
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    10月14日開催 助産師が解説【お産前の体の変化・出産の兆候から分娩まで】

    開催日
    2021/10/14(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/10/15(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/10/15(金)
    20:00~20:30 
    詳細