【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 《LINE友だち追加》でAmazonギフト券が当たる!今すぐ登録を♪

2021.06.28

妊婦は明太子やたらこを食べるのはNG?妊娠中に食べて良い量&食べ方【東京都栄養士会監修】

妊娠中は魚介類や卵など生ものを食べる時には注意が必要と聞くことがあると思いますが、明太子やたらこは食べていいのか悩みますよね。ここでは、管理栄養士が食べる時の注意点をお伝えします。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

38

 

妊婦は明太子・たらこを食べてはダメ?

"妊婦は明太子に注意/

 

ご飯のお供に最適な明太子やたらこ。明太子は唐辛子を原料にした調味料などでたらこを味つけしたもので、たらこはすけとうだらの卵を塩漬けしたものです。妊婦さんは生食や塩分の多さには注意が必要です。

 

妊婦は明太子・たらこのリステリア菌に注意

明太子やたらこには、リステリア菌の基準種であるリステリア・モノサイトゲネスが生息していることがあります。妊娠中は免疫力が低下しやすいため、食中毒にかかる危険性が高くなります。もしも妊娠中に食中毒にかかると、嘔吐や下痢といった症状が出て胎児の発育に影響を与えるリスクがあります。厚生労働省は、妊娠中のリステリア菌による食中毒について、胎盤や胎児への感染、流産、新生児への影響のリスクを指摘しています。

 

この菌は低い温度でも増殖するため、冷蔵庫で保存していても生食はお勧めできません。しっかり加熱すれば死滅させることができるため、妊婦さんは必ず中まで火をしっかり通してから食べるようにしましょう。信頼できる店で鮮度が高いものを選ぶこともポイントです。また食塩も多いので、妊婦さんは一度に食べる量に注意しましょう。

 

妊婦の食中毒は胎児にも影響する

妊娠中はホルモンバランスの影響から、免疫力が低下しやすいもの。普段よりも免疫力が低下するため、生の魚卵や生魚、生野菜、生卵などに付着しているリステリア菌、トキソプラズマ原虫などが原因の食中毒にかかりやすくなります。リステリア菌による食中毒にかかると、胎盤や胎児へ感染して流産につながるリスクがあります。

 

 

妊婦が明太子・たらこを食べる時の注意点

妊婦さんが明太子やたらこを食べる時は、その食べ方に注意が必要です。

 

明太子・たらこは火を通して

たらこパスタ

 

ゆでたパスタに生の明太子やたらこを和える作り方では、火を通していないため安全とはいえません。妊婦さんはたらこパスタや明太子パンなど、火を通した明太子やたらこを使用したものを食べるようにしましょう。

明太子やたらこはそのまま食べるだけでなく、おにぎりやパスタなど多くの料理に使える便利な食材です。明太子やたらこに限らず、魚介類や肉などを生で食べるのは避け、産後の楽しみにとっておくのがよいですね。

 

妊婦は明太子・たらこを食べる量に注意

妊婦さんが明太子やたらこを食べる時は、1日にどれくらい食べてもいいのでしょうか。食べる量を考えるうえで重要になるのが食塩相当量です。

 

明太子やたらこには多くの食塩が含まれています。妊娠中に塩分を多く摂りすぎると、むくみや、体重増加、妊娠高血圧症候群を引き起こす恐れがあるため、食べる量には注意が必要です。厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準2020版では、ナトリウム(食塩相当量)について、成人の目標量を0.5 g/日引き下げ。それとともに高血圧及び慢性腎臓病(CKD)の重症化予防を目的とした量として、新たに6g/日未満と設定しています。

妊娠中でなくても女性の塩分摂取量は1日6.5g程度。高血圧及び慢性腎臓病(CKD)の治療中である場合は、6g未満が目安です。1日3食を食べるとすると、1回の食事で摂取する食塩は2g程度が適量です。

明太子とたらこ100g(およそ1腹=2本ぐらい)あたりの塩分量を見てみましょう。

◇明太子:5.6g

◇たらこ(焼いたもの):5.3g

となるため、1本使用したら1食の塩分を超えてしまいます。食事はほかの料理の塩分もプラスされますので、明太子やたらこの1回量は、1/2本程度までにしましょう。

 

 

明太子・たらこを買う時のポイント

明太子やたらこを買うときは、透明感があり、ふっくらした形の鮮度のよいものを選びましょう。部分的に緑色になっているものや、膜がやぶれて身崩れしているものは鮮度が落ちている場合があります。また気になる塩分をカットした減塩のものや、食品添加物が少ないものを選ぶとより安心です。食品添加物が一切入っていない、無添加・無着色の商品も販売されていますので、パッケージをよく確認して購入しましょう。

 

 

《まとめ》

 

妊娠中に明太子やたらこを食べる時は必ず加熱して、食べる量に気をつけましょう。わからないことや不安なことがありましたら、かかりつけの医療機関のほか、お近くの保健所、市区町村の母子担当係等へお問合せいただくことをお勧めします。

 

※写真提供:PIXTA

 

関連ページ

妊婦は生ハムを食べてはダメ?注意して欲しい妊娠中の食中毒【東京都栄養士会監修】

“妊娠中の食べ物と飲み物”にまつわるまなべび講座一覧

             

監修者

上野 俊 先生

公益社団法人 東京都栄養士会

管理栄養士

>詳しく見る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(録画配信) プレゼント 無料

    11 月11 日開催 『子育てに必要なお金の全て』を分かりやすく解説!無理なく貯めるには?ママからのご質問にお答えします!(無料)

    開催日
    2021/11/11(木)
    14:00~15:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    10:00~11:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) プレゼント 無料

    10月1日開催 助産師によるマタニティ教室 【初めての妊娠・出産・育児】 ~妊婦さんからのご質問にライブでお答えします~

    開催日
    2021/10/01(金)
    14:00~15:30
    詳細
    開催日
    2021/10/02(土)
    10:00~11:30
    詳細
    開催日
    2021/10/02(土)
    20:00~21:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    10月7日開催 助産師×マタニティ整体師による【安産体操&骨盤エクササイズ】

    開催日
    2021/10/07(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/10/08(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/10/08(金)
    20:00~20:30 
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    10月14日開催 助産師が解説【お産前の体の変化・出産の兆候から分娩まで】

    開催日
    2021/10/14(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/10/15(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/10/15(金)
    20:00~20:30 
    詳細