【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 【妊婦さん限定プレゼント】SNSフォロー&アンケートで豪華賞品を当てよう‼

妊娠期 -> 妊娠中期 -> 5ヶ月 -> 16週

妊娠16週|【助産師監修】お腹の膨らみ・赤ちゃんの体重と胎動

妊娠16週は妊娠5ヶ月の1週目。「妊娠中期」と呼ばれる時期に入り、ママはお腹の膨らみを感じてきたでしょうか。つわり症状はおさまり、お腹の赤ちゃんの胎盤も完成することから「安定期」ともいいます。ママもパパもひと安心する頃かもしれません。赤ちゃんもぐんぐん成長し動きも活発になるので、胎動を感じ始めるママもいるでしょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

6

妊娠16週のお腹の赤ちゃん-大きさと体重

妊娠16週の赤ちゃん

妊娠16週からは妊娠中期に入り、お腹の赤ちゃんもぐんぐんと成長しています。身長は16~20cmほど、体重は約110gほどの大きさになり、今までよりも動くように。妊婦健診のエコー検査ではよく動く赤ちゃんを見られるかもしれません。

 

妊娠16週ごろエコーでみる動き

妊娠16週ごろには骨が丈夫になり筋肉がつくことで、赤ちゃんの動きはより活発に羊水も増えているので、ぷかぷかと浮きながら自由に動いていますよ。妊婦健診での超音波検査で、赤ちゃんが動く姿を見られるでしょう。手を口元に持ってくる可愛らしい姿を、エコー写真におさめてもらえるかもしれません。

 

エコー写真で確認はできませんが、この時期から赤ちゃんには髪の毛が生えてきます。また体に「胎毛」とよばれる産毛が生えてきたり、皮下脂肪が増えたりと、少しずつ成長しています。

 

妊娠16週のママの体-胎盤が完成

妊娠16週になると胎盤が完成するといわれ、ママも安心できる時期です。胎盤が完成することで、ママは軽い運動を始められますが、激しい運動には注意が必要です。

 

胎盤が完成し安定期へ

胎盤とはママと赤ちゃんをつなぐ大切なもの。胎盤では、赤ちゃんにとって必要な栄養や酸素をママの体から運んだり、赤ちゃんの体の二酸化炭素をママへ運んだり、物質交換が行われています。妊娠16週ごろには胎盤が完成することで「安定期」に入ります

 

ママの体温は下がる

妊娠してからの基礎体温は排卵後の高温が続いていますが、妊娠16週になるとホルモンバランスの変化により体温が下がります。妊娠中期に入ったら一度体温を測定し、妊娠中の自分の平熱を確認しておきましょう。

 

妊婦に適した運動を

妊娠中期には、医師から注意されているママを除いては、適度な(疲れすぎない)運動をするといいでしょう。最近ではマタニティビクスやマタニティヨガ、マタニティスイミングなど、妊婦向けの教室があります。

妊娠中に運動したいママは、自分の興味ある教室に通い、リフレッシュする時間を作るとよいでしょう。もちろん自宅周辺のウォーキングでも十分な運動になるので、お天気の良い日には外出してみましょう。

 

妊娠16週の胎動-感じ始めるママも

妊娠16週の胎動

 

赤ちゃんがお腹の中でよく動くようになり、それを胎動と感じるママも。胎動は妊娠18週頃から感じるママが多いとされています。

しかし個人の感受性や経験により異なるので、早いと妊娠16週から感じることもあるでしょう。胎動によって赤ちゃんの元気な様子を想像でき、ママとしての実感が湧くのではないでしょうか。胎動を感じられるその日を楽しみにしてくださいね。

 

妊娠16週の注意ー無理な運動はしない

妊娠中期に入り運動を始めるママも多いでしょう。しかし、激しい運動は早産につながることもあるので注意が必要。運動を開始するにあたっての注意点を紹介します。

 

お腹が張りやすい人の運動

妊娠初期でお腹が張りやすかったママは、早産のリスクが高いので、極力運動を避けましょう。また前回の出産が早産だったママも運動は禁物です。

上の子のお世話で忙しい経産婦や、仕事で日頃忙しくしているママは、あえて運動しなくても良いです。むしろ休日は家族に協力してもらい、ゆっくり休養が必要かもしれません。

 

妊娠前から持病がある場合

妊娠前から高血圧や糖尿病、その他の持病があるママは、かかりつけの産科医に運動の可否を聞いてみましょう。適切な運動によって症状が安定する場合もあれば、症状の悪化を引き起こすこともあるからです。

 

妊娠16週のうちは軽めの運動から

安定期に入ったばかりの頃はまず、自宅周辺を30分程度のウォーキングから始めるのがおすすめです。疲れたらすぐに自宅に戻り、横になって休息をとりましょう。運動に慣れてきたら、活動の範囲や時間を広げていくといいですよ。

 

 

《まとめ》

 

妊娠16週は安定期に入り、胎動を感じることでママの実感が湧く時期ですね。妊婦健診では赤ちゃんの動く様子が見られ、成長をより感じることでしょう。

妊娠16週は体重管理も意識する時期。無理のない程度に運動を始め、リラックスして妊婦生活を送りましょう。夫婦でのお出かけも楽しめるようになるので、まずは近場の買い物などから始めましょう。夫婦の時間も大切にしたいですね。

 

 

妊娠16週(妊娠5ヶ月)ごろの“専門家Q&A ママが知りたいギモン”

ママたちの疑問や不安に、産科医師・助産師・管理栄養士など各分野の専門家が回答します。

 

Q. 安産祈願の腹帯とは?つけなければだめですか?

Q. 妊娠中にひじきの食べ過ぎはダメ?どれぐらい食べても良いのでしょうか?

監修者

公益財団法人 東京都助産師会

>詳しく見る
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

6

>基礎知識を学ぶ!TOPへ戻る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(録画配信) プレゼント 無料

    11 月11 日開催 『子育てに必要なお金の全て』を分かりやすく解説!無理なく貯めるには?ママからのご質問にお答えします!(無料)

    開催日
    2021/11/11(木)
    14:00~15:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    10:00~11:00
    詳細
    開催日
    2021/11/12(金)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    11月4日開催【入院前に準備しておくべきもの・出産前に揃えておくべき赤ちゃんのお世話に必要なもの】助産師がお話します(無料)

    開催日
    2021/11/4(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/5(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/5(金)
    20:00~20:30 
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    11月18日開催 助産師が解説【初めての授乳(母乳) 飲ませ方や正しい姿勢&げっぷの出し方】(無料)

    開催日
    2021/11/18(木)
    14:00~14:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/19(金)
    10:00~10:30 
    詳細
    開催日
    2021/11/19(金)
    20:00~20:30 
    詳細