【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 【妊婦さん限定】LINE友だち登録&アンケートで「オーブントースター」が当たる‼

妊娠期 -> 妊娠中期 -> 7ヶ月 -> 25週

妊娠25週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの体重と胎動・お腹の張り

妊娠25週は妊娠7ヶ月の2週目。妊娠中期も残すところあと3週間です。お腹の大きさはさらに目立つようになりましたね。胎動はより強く感じ、ますます赤ちゃんの成長を感じているでしょう。お腹の張りには意識するように。安定期だからと安心しすぎずに、ママと赤ちゃんの健康を第一に考え、体の変化や体調に注意しましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

9

妊娠25週のお腹の赤ちゃん-指しゃぶりやまばたき

妊娠25週の赤ちゃん

妊娠25週、お腹の赤ちゃんの体重は約750gに成長し、子宮の中でくるくる回ったり、向きを変えたりできるように。まばたきする、手を握り締めこぶしを作る、親指を長時間吸うなど、赤ちゃんはできることが増えていきます。

 

妊娠25週のママ-寝る姿勢は楽な横向きを

妊娠25週になり、ママのお腹の大きさはさらに膨らんできましたね。仰向けで寝るのが辛くなったのではないでしょうか?この時期から妊娠後期にかけて注意したいのが、「仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群」。

仰臥位低血圧症候群は、妊娠によって大きくなった子宮が大静脈を圧迫することで、下半身から心臓への血流が悪くなり、血圧が急激に低下するものです。

仰臥位低血圧症候群の予防のため、横向きの姿勢で寝ましょう。特に左側を下にして眠るとよいです。

 

お腹が大きくなると重心も変化。お腹がせり出た姿勢になると、腰や背中に負担がかかり、腰痛になりがちです。

腰痛はよくあるマイナートラブルのひとつ。妊娠後期にかけて悪化するケースが多いので、正しい姿勢を心がけ、運動やストレッチなどで対策しましょう。

 

妊娠中は足のこむら返りに悩むことも

また妊娠中は足のこむら返りに悩むママも増えます。こむら返りは比較的、夜に起こることが多いもの。眠る前にふくらはぎのストレッチをしたり、体を温めて血流を良くすることで予防できます。

さらに妊娠25週には、ママの体の血液量が増えて心臓に負担がかかるため、動悸や立ちくらみも起こりやすいです。症状が強い時は無理に動かず、休息をとりながら活動しましょう。

 

妊娠中期のお腹の張りに無理は禁物

 

妊娠中期である妊娠25週、羊水の量が増えることで赤ちゃんが動きやすくなり、胎動が増えます。胎動が刺激となり、お腹の張りを自覚することが増えるでしょう。

お腹が張る感覚は人によってさまざまですが、「突っ張る感じがする」「お腹がカチカチになる」「締め付けられる感じがする」と感じるママが多いです。

 

初めて妊娠した人や忙しいママは、お腹の張りに気づかないことも。しかしお腹が張る感覚はわかっていた方が、異常の早期発見につながります。

もし突っ張ったり、締め付けられたりと感じたら「お腹が張っているのかな?」と意識しましょう。

 

妊娠中お腹が張りやすいタイミングは

・過度な運動

・家事をしすぎた

・体が冷えている

・性交渉の時

などが挙げられます。

 

普段からお腹を冷やさない、疲れを溜めないことを意識してください。妊娠期によくある便秘も、お腹が張りやすくなる原因なので、排便習慣を整えましょう。

お腹が張ったら、座ったり横になったりして休むことが大切。もし休んでも張りがおさまらない時や、同時に腹部や腰の痛みを伴う時は、早産につながることもあるため早めに病院へ連絡しましょう。

 

妊娠25週の胎動-胎動の強さは成長の証し

妊娠25週ごろになると、「胎動が強くなったなぁ。よく動くなぁ」と感じるママが増えるでしょう。今の時期の赤ちゃんは、お腹の中で手足を動かしたり、ぐるぐると回ったり、向きを変えたりして過ごしています。

赤ちゃんは子宮の中で回転できるほどの大きさなので、頭を下にしたり、お尻を下にしたり、横向きになったりとさまざまな姿勢です。

そのため妊婦健診で医師から、「骨盤位(逆子)です」と言われることがあるかもしれません。ですが妊娠25週の時期、まだ姿勢を変えるため、心配しなくても大丈夫

 

胎動が強くなったのは、筋肉が成長して力がつき、脳や体の機能が順調に発達しているからですよ。赤ちゃんが順調に成長している証でしょう。

 

妊娠25週の注意-腹痛・出血・お腹の張り

妊娠25週は赤ちゃんの成長と体重増加に伴って、腰痛やこむら返り、動悸や息切れ、便秘などのマイナートラブルに悩む時期。できる対処法を積極的に行い、症状の緩和に努めましょう。

妊娠中のマイナートラブルが心配な時は、一人で悩まずかかりつけの産科医に相談しましょう。

 

安定期だから大丈夫ということはありません。腹痛や出血、頻繁にお腹が張る時は、早産につながる可能性もあるため、すぐ病院で相談しましょう。

 

 

妊娠25週(妊娠7ヶ月)ごろの“専門家Q&A ママが知りたいギモン”

ママたちの疑問や不安に、産科医師・助産師・管理栄養士など各分野の専門家が回答します。

 

Q. 妊婦の貧血対策にはどういった食べ物がいいですか?

Q. 妊婦でもお灸など鍼灸治療をしてもいいでしょうか?

監修者

公益社団法人 東京都助産師会

>詳しく見る
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

9

>基礎知識を学ぶ!TOPへ戻る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(ライブ配信) プレゼント 無料

    6月28日開催 子育てママ必見! 「今だからこそ知っておきたい!令和の学費の新常識~学費の貯め方」プレゼント付き!

    開催日
    2022/06/28(火)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月7日開催 現役助産師が教える【安産になるために】知っておきたい体づくり・心構え(無料)

    開催日
    2022/07/07(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    8月4日開催【産後ピラティス】初心者OK!骨盤底筋&体幹を鍛えて全身を整えよう

    開催日
    2022/08/04(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月14日開催 【働く女性とその家族が知っておきたい】安心して出産・子育てを迎えるためには?(無料)

    開催日
    2022/07/14(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月21日開催 <初めてママ教室>出産までの妊婦健診は何をするの?検査内容と目的を知ろう(無料)

    開催日
    2022/07/21(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    20:00~20:30
    詳細