【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 【妊婦さん限定】LINE友だち登録&アンケートで「オーブントースター」が当たる‼

2022.04.08

先輩ママはコレを食べた!つわりでつらい時のおすすめ食べ物・飲み物

妊娠中のつわりは本当につらくて、先の見えないトンネルのようですよね。この時期は、「食べたいものを、食べられるときに、食べられるだけ」ということが重要。とはいってもどんな食べ物がいいのか、つわりを初めて経験するママはわからないことだらけでしょう。

そこで今回は先輩ママの意見を参考に、つわりでつらい時期におすすめの食べ物や飲み物をご紹介します。またつわりがつらい時の、食事のとり方についても助産師がアドバイスします。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

38

 

つわりはいつからいつまで続く?ピークは?

つわりはいつから

 

妊娠中のつわりは、おおよそ妊娠5週目から始まり、妊娠6週目から妊娠9週目でピークを迎えます。そして胎盤が完成する妊娠16週目までにはおさまる、といわれています。

 

つわりは個人差があり、始まる時期や終わる時期、程度まで人それぞれです。

生理が来ずに妊娠検査薬を試したところで、陽性となり妊娠に気づく人がほとんど。ですがこの生理予定日以前から嗅覚過敏、吐き気、だるさや熱っぽさなど、風邪に似た妊娠超初期症状で、妊娠に気づく場合もあります。

 

また一般的につわりは、妊娠10週を過ぎると少しずつ落ち着くといわれています。しかしこのつわりが、妊娠後期もしくは出産直前まで続いたり、一旦落ち着いてまた後期に再発したりということも。これを「後期つわり」といい、吐き気や胸やけ、胃もたれなどの症状が多いとされています。

 

つわりには必ずゴールがあります。どうすれば気分が楽になるか、先輩ママのアンケートを参考に、色々な方法を試してみるともいいかもしれません。

 

 

先輩ママに聞く「つわりでつらい時のおすすめ食べ物&飲み物」

つわりが始まると途端に食べられるものが限られ、水もダメ!麦茶もダメ!普段食べていた野菜や麺類もダメ!と食べ物に悩む妊婦さんは多いもの。ここからは先輩ママ約700名に聞いた、「つわりで辛い時のおすすめ食べ物&飲み物」を紹介します。

 

つわり時期の食べ物の定番!トマト・梅干し・フルーツはやっぱり大人気

・つわり時期の定番である、トマト・グレープフルーツ・スイカ・ゼリー・アイスクリーム・炭酸水・氷が大人気です。いちご、バナナ、みかん、オレンジ、キウイなど果物は全般的に受け入れやすいようです。

 

・さっぱりした食べ物を好むケースが多いなか、ピザやパスタ、カツなど味の濃いものを欲するという意見も多数です。

 

・これも非常に多かった「とにかくマクドナルドのポテトは食べたくて仕方なかった!」との声。コーラとの相性も抜群で、ファストフードがやみつきになるママも大勢です。

 

・冷たい食べ物は全般的に食べやすく、コンビニの冷えたおにぎり、サンドイッチ、冷麺、たまご豆腐など、手に取りやすいですね。

 

酸っぱいものを無性に欲するのも、よくある特徴。梅干し・魚の南蛮漬け・冷やし中華・ところてん・もずく酢などが先輩ママ達のおすすめ。「何でもポン酢をつけるだけで食べられた!」「白米は嫌で酢飯が良かった。刺身は避けていたので、ネタはなしでひたすら酢飯を食べていた!」との声も。

 

・食事の時間以外も、気持ち悪さを軽減する食べものが欲しいですね。「いつもすっぱいグミや飴を持ち歩いて、仕事中も口に入れていた」ママも多いようです。

 

飲み物の好みも変わる!つらいつわりの時の飲み物

スポーツドリンクはほどよい甘さで、飲みやすいドリンクのひとつ。ただし飲み過ぎると尿検査で尿糖が+になってしまうので、注意が必要でしょう。

 

・フルーツジュースも安定した人気で、ビタミン豊富なオレンジ炭酸やアセロラドリンクはおすすめです。

 

少数派かも?興味深いおすすめ食べ物

乳製品を極めてよく好み、飲むヨーグルトや濃厚なチーズケーキ、杏仁豆腐をよく食べていた。ハムサンドイッチにも、チーズとマヨネーズたっぷりが美味しく感じていた。
なぜか緑茶しか受け付けなくて、カフェインレスの緑茶を探すのが大変な思い出しかない。
ほとんどの食べ物がダメなのに、カレーのルウ、ウスターソースの香りが大丈夫だったので舐めていた。冷麺も食べないがつゆだけ飲んだ
産院ですすめられたルイボスティー。鉄分やマグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富で良いと聞いた。

 

日によって食べられるものがどんどん変わり、戸惑った人も多いことでしょう。とあるパパからはこんなエピソードも。

妻に「今はエクレアしか食べられない!」と言われ急いでスーパーに行くと、LINEで「やっぱり坦々麺じゃないとダメ」と言われた…。

 

 

助産師おすすめ【種類別】つわりの時の食べ物&飲み物

あまりにもつわりがひどくて食べられないと、「赤ちゃんが成長しないのではないか?」と心配になりますよね。しかし基本的に、赤ちゃんがママから栄養をもらうようになる時期は、胎盤が形成される妊娠16週くらいからです。

 

妊娠初期はまず、ママが妊娠に適応した身体になるための準備期間と思った方がよいでしょう。赤ちゃんのために無理して食べるのではなく、水分摂取をしっかりとしつつ、自分が食べられそうなものを食べることを心がけましょう。

 

つわりにはいくつか種類があり、それによっておすすめの食べ物や飲み物が変わります。今回は妊娠中の食事に影響がある「食べづわり」「吐きづわり」「よだれづわり」に注目して、助産師がそれぞれおすすめを紹介していきます。

 

「食べづわり」におすすめの食べ物&飲み物

食べづわりは、空腹時に気分が悪くなります。空腹を感じる時間が少なくなるように、1回の食事の量を減らして回数を増やすとよいでしょう。

特に起床時は血糖値が下がって、気分が悪くなりがちです。すぐに食べられるように、枕元に軽食を準備しておくといいでしょう。

 

ただこの食べづわりで、注意をしなければいけないのはカロリーオーバーです。栄養があってもカロリーは低い食べ物を選びましょう。

飴は口にすぐに入れることができ、食べづわりにはおすすめの食べ物。ですがあまりにも糖分が高いものを選ぶと、血糖値の急上昇や体重増加の原因になってしまいます。

なるべく低カロリーのものを選んだり、妊娠初期にいいとされる葉酸入りのものを選ぶなど、注意が必要です。

 

また食べづわりには、小分けにしたおにぎりを複数用意することもおすすめ。具だくさんで栄養のあるものにしたり、麦ごはんにしたり、低カロリーのゆかりおにぎりもいいでしょう。たくさん作って冷凍し、食べたい時にすぐに食べられるようにするといいですね。

 

飲み物は、温かいほうが満腹感を得ることができます。時間をかけてゆっくりと飲むことで、リラックス効果も期待できますね。炭酸水も満腹感を得られていいですが、炭酸水を選ぶときは0カロリーのものにしましょう。

 

関連ページ

食べづわりを乗り切る対処法【助産師おすすめの食材まとめ】

 

「吐きづわり」におすすめの食べ物&飲み物

吐きづわりは、何を口に入れても吐いてしまいます。必要な栄養素の欠乏や、脱水症状に注意する必要があります。悪化すると妊娠悪阻(にんしんおそ)といって、入院治療が必要となります。

 

吐きづわりの人は少しでもいいので、食べ物を摂ることが重要です。水分の多い果物やゼリー状の栄養補助食品、豆腐やそうめん、冷たいうどんなどは、のど越しがよく食べやすいでしょう。

温かいものよりも冷たいものの方が、口の中がさっぱりして、気持ちがいいと感じる人が多いです。

 

また食物繊維や脂肪の少ない食べ物は消化しやすいため、おすすめの食材です。

食物繊維が少ない野菜にはニンジン、トマト、キュウリがあります。酸味があるトマトは水分が含まれており、食べやすくておすすめ。白身の魚や鶏のささみなども、あっさりとして味付けを変えやすく、この時期に食べやすい食材です。油を使わずに蒸したりゆでたりすることで、食べやすくなり、気分の悪さを軽減することが期待できます。

また吐きづわりがひどいと、脱水症状になる可能性があります。水分は意識して飲むようにしましょう。レモン水や炭酸水は、吐きづわりの人にはおすすめです。

 

妊娠中は腸の活動が低下するため、便秘になりやすい場合があります。少し食べられるようなったら、ジャガイモ、カボチャ、ほうれん草など、食物繊維がたくさん含まれるものを摂ることで、便秘解消につながります。

 

「よだれづわり」におすすめの食べ物&飲み物

あまり知られていないかもしれませんが、多くのママが苦しむつわりのタイプに、よだれづわりがあります。よだれづわりは唾液がたくさん出ることで、不快感で気分が悪くなります。また飲み込むと、吐き気を催したりもします。

 

よだれづわりに一番効果的なのは、唾液が出る度に吐き出してしまうこと。またガムや飴を口の中に入れておくことで、唾液がたまっていく不快感を軽減させることができます。口の中の、ねばねばした感覚がなくなるのでおすすめです。

 

よだれづわりの原因の一つは、自律神経の働きが弱くなっていることだと言われています。炭酸飲料は口の中がさっぱりするので、飲みたくなるかもしれません。飲むときは低カロリーのものや、カフェインレスのものを選びましょう。

 

「においづわり」におすすめの食べ物&飲み物

においづわりは、特定のものの匂いに対して敏感になり、吐き気を催すつわりを指します。

炊きたてご飯や味噌汁の匂いなど、温かい食事の匂いに対して特に症状が出やすいです。そのため冷ましてから食事をとると、症状が軽減されます。

 

 

つわりがつらい時の食事方法のポイント

つわり中の食事

 

つわりで食事をとることが困難な場合は、どのように工夫をすればいいのでしょうか。つわりがつらい時の食事方法のポイントをご紹介します。

 

つわり中の食事方法1. 量を少なくし回数を増やす

つわり中は妊娠前と同じ量を食べるのではなく、1回の食事の量を減らし、食事の回数を増やすとよいでしょう。少量ずつであれば量も確保でき、必要な栄養素を摂ることも可能です。

特に食べづわりの時には、一度にたくさんの量を食べると、逆に気分が悪くなったりします。空腹にならない程度に、こまめに食事をとるようにしましょう。

 

つわり中の食事方法2. 食べたいものを自分のタイミングで

つわりがつらい時期は、無理して栄養素を考える必要はありません。自分のタイミングで、食べられるものを食べるようにしましょう。食事の栄養や体重管理は、つわりが落ち着いた時期からでも遅くはありません。

 

つわり中の食事方法3. 吐いた後の栄養補給

吐いた後は口の中が気持ち悪く、ひどい時には脱水を起こす可能性もあります。吐いた後にすっきりして水分が摂れそうであれば、スポーツドリンクや栄養補給のゼリーを、少しずつ摂取しましょう。

 

つわり中の食事方法4. 量より質

つわり中は、食事の量を気にするよりも質を心がけましょう。食べられない時に、無理して食べる必要はありません。調子がいい時に少しだけ、バランスを考えて食べてみることをおすすめします。

 

たとえば、緑黄色野菜や大豆に多く含まれている「葉酸」。葉酸は妊娠初期に摂取すると、神経管閉鎖障害の予防になります。もし食事だけで摂取するのが難しい場合は、サプリメントに頼ってもいいでしょう。

また赤ちゃんの身体や血液を作るための、タンパク質の摂取も忘れてはいけません。タンパク質は肉、魚、大豆、卵などに含まれています。

 

つわりの軽減のために、ビタミンB6の摂取に一定の効果があるといわれています。かつおや鶏のささみ、バナナなどに含まれており、つわりがつらい時にはおすすめです。

本格的な食事管理は、つわりがおさまってからで間に合います。つわり時期は、ほんの少しだけ意識しておくといいでしょう。

 

つわり中の食事方法5. 環境を整える

つわりには様々な種類があり、食事の環境を整えることも大切です。においづわりの場合はマスクを着用したり、換気をして空調を整えたりしましょう。

もし自分で食事を作るのが難しければ、総菜やデリバリーを上手に利用するのもいいでしょう。家族やパートナーなど頼れる人がいる場合は、ぜひ周囲に頼りましょう。

 

 

《まとめ》

 

つわり中は何を食べればよいか、どんなものが症状を軽減してくれるのか、初めて経験するママはわからず不安でしょう。先輩ママの声を参考にしながら、自分に合ったものを探してみましょう。大丈夫です、つわりで食事がうまくとれなくても、赤ちゃんはママのお腹の中ですくすくと元気に育っていますよ!まずは自分の体調を整えることを考えましょうね。

 

※写真提供:PIXTA

 

関連ページ

つわりを乗り切るコンビニ食べ物は?【管理栄養士】仕事中の食べづわり対策

あなたのつわり症状は何タイプ?【助産師】原因&対処法ポイント

“つわり”にまつわるまなべび講座一覧

           

監修者

公益社団法人 日本助産師会

>詳しく見る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(ライブ配信) プレゼント 無料

    6月28日開催 子育てママ必見! 「今だからこそ知っておきたい!令和の学費の新常識~学費の貯め方」プレゼント付き!

    開催日
    2022/06/28(火)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月7日開催 現役助産師が教える【安産になるために】知っておきたい体づくり・心構え(無料)

    開催日
    2022/07/07(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    8月4日開催【産後ピラティス】初心者OK!骨盤底筋&体幹を鍛えて全身を整えよう

    開催日
    2022/08/04(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月14日開催 【働く女性とその家族が知っておきたい】安心して出産・子育てを迎えるためには?(無料)

    開催日
    2022/07/14(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月21日開催 <初めてママ教室>出産までの妊婦健診は何をするの?検査内容と目的を知ろう(無料)

    開催日
    2022/07/21(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    20:00~20:30
    詳細