【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ ◇◆Amazonギフト券ゲット◆◇まなべびSNSフォローでプレゼントが当たる!

妊娠期 -> 妊娠後期 -> 9ヶ月 -> 35週

妊娠35週|【助産師監修】胎児の大きさ・お腹の張りと痛み

妊娠35週は妊娠9ヶ月の最後の週、臨月まであと1週間です。お腹の赤ちゃんは、見た目は新生児とほぼ同じに成長しています。ママのお腹も大きくなり、動きづらさや胃の不快を感じることでしょう。人によってはお腹の痛みを感じることもありますが、出血に注意して、「いつもと何か違うな」と思う時はかかりつけの産科医に連絡してくださいね。元気な赤ちゃんに会うために、出産準備も進めていきましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

10

妊娠35週のお腹の赤ちゃん-胎児の大きさと体重

妊娠35週の赤ちゃん

妊娠35週の終わりまでに、お腹の赤ちゃんは身長45~47cmほど、体重1,700〜2,900gくらいの大きさになります。胎児の体重は1日に約20~30gずつ増えていきます

体全体に皮下脂肪や筋肉がついてふっくらとし、これまでのしわくちゃな皮膚ではなく、張りが出て産まれた時の見た目と同じ様子に。赤ちゃんの小さな手には爪もできてきますよ。

 

妊娠35週は肺がほぼ完成

妊娠35週にもなると子宮の中の羊水はだんだんと減るので、赤ちゃんが自由に動ける場所がなくなります。お腹を蹴るような動作よりも、体をひねるような動きが多く感じられるでしょう。赤ちゃんの脳はさらに成長して、肺の機能はほぼ完成また新生児と同じように、睡眠と活動を数十分おきに繰り返します。

 

妊娠35週のママの症状-胸やけ・消化不良

妊娠35週ごろ、子宮底(恥骨から子宮の上端までの長さ)は30~36cm程度となり、子宮の上部はママのみぞおちあたりまできます。そのため胃が押し上げられて、つわりのときに感じた胸やけや消化不良が起こりやすくなります。さらに横隔膜も押し上げられて、心臓や肺を圧迫するので、動悸や息切れなどの症状を感じることも。

 

膀胱も上から押され、腹圧がかかった時に尿が漏れてしまうこともあります。それが尿であり、羊水ではないことを、においで確かめましょう。

なお、羊水は透明ですが、時には血液が混じって淡いピンク色になることもあります。 尿のにおいではない、またどちらか分からない場合は、かかりつけの産科医に連絡をして指示を仰いでください。

 

妊娠35週のお腹の張り-より感じやすくなる

妊娠35週になると、お腹の張りをより感じやすい傾向に。お腹の張りは、お産に備えて子宮の入り口を柔らかくし、開かせるための準備でもあります。はじめは子宮の上の方が固くなり、その固さが少しずつ子宮の下の方へいき、お腹の張りはおさまります。

お腹の張り方には個人差があります。姿勢を変えて、しばらく様子をみておさまれば、問題はありません。

 

お腹の痛みがある時

妊娠35週、お腹の張りだけでなく、痛みを伴う時は、本陣痛と区別がつかないこともあります。もしこのような様子があれば、かかりつけの産科医に相談してください。

 

● 1時間に何度もお腹の張りや痛みがある

● 強い痛みがある

● 背中やお腹、腰や骨盤にも痛みがある

● 出血やいつもと違うおりものがある

 

これまでの妊婦健診で子宮の入り口部分が短いと言われたり、前回の出産が早かったなど、早産の可能性が高いママも、お腹の張りと痛みに要注意です。

 

妊娠35週の過ごし方ー貧血や前期破水

妊娠35週の鉄分摂取

 

お腹の張りが気になる時期ですが、元気な赤ちゃんに会うために準備を進めていきましょう。

 

貧血予防のために鉄分を

妊娠35週ごろはママの体に流れる血液の量が多くなり、その分血液が薄まるので、貧血になりがち。まだ成長中の赤ちゃんがママの体から鉄分を吸収し、ママの血液の鉄分量が減るのも、貧血になりやすい原因です。

貧血を予防するために、鉄分の多い食品(牛肉・レバー・豆類など)を意識して摂りましょう。ビタミンCが多い食品は鉄分の吸収を良くするので、一緒に摂ると効率的ですよ。

 

立ち会い出産などお産の希望

立ち会い出産は希望しますか?どのようなお産を望むのか、どのような場合に帝王切開になるのか、家族と話し合っておきます。ただし、立ち会い出産ができるかどうかは病院により異なるため、確認が必要でしょう。

 

帝王切開はママの子宮を切開して、赤ちゃんを直接取り出すという方法。ママや赤ちゃんの状態によっては、帝王切開をあらかじめ予定することがあるでしょう。しかしながら自然分娩予定のママも、お産がどのような状況になったら帝王切開に切り替わるのか、十分説明を受けることをおすすめします。

ほかに、分娩時の痛みをほとんど緩和する無痛分娩や、痛みを和らげる和痛分娩ができる病院であれば、それらを選択できる条件なども事前に確認します。

 

前期破水に注意

前期破水には注意をしてください。前期破水とは、陣痛が始まる前に赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れて、羊水が出てきてしまうこと。

妊娠37週未満に起きる破水を「早期産前期破水」といいます。これまでとは違うお腹の痛み、尿漏れ、おりものとは違う多量の羊水の流出など「破水かもしれない」と思ったら、かかりつけの産科医へ連絡をしてください。

前期破水で気をつけるべきなのは、破水による赤ちゃんへの感染です。破水が確認できたら入院し、点滴による抗菌薬の投与が必要となります。

 

 

《まとめ》

 

妊娠35週はまだ正期産ではありませんが、子宮が収縮してお腹が張りやすくなります。強いお腹の痛み、破水のような症状がないか注意しながら、臨月前の1週間を過ごしてくださいね。

 

 

妊娠35週(妊娠9ヶ月)ごろの“専門家Q&A ママが知りたいギモン”

ママたちの疑問や不安に、産科医師・助産師・管理栄養士など各分野の専門家が回答します。

 

Q. 臨月に入りむくみで困っていますが、食べ物で解消できますか?

Q. 出産の医療費控除とは、具体的に何の費用が対象になる?

監修者

公益社団法人 東京都助産師会

>詳しく見る
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

10

>基礎知識を学ぶ!TOPへ戻る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(録画配信) 無料

    6月9日開催 妊娠中から正しく知っておきたい【産後のママの体型戻し】座学編(無料)

    開催日
    2022/06/09(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/06/10(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/06/10(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    6月16日開催 正しく知っておきたい【産後のママの体型戻し】初心者もできる!骨盤ヨガ実践編(無料)

    開催日
    2022/06/16(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/06/17(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/06/17(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(ライブ配信) プレゼント 無料

    6月23日開催 子育てママ必見! 「今だからこそ知っておきたい!令和の学費の新常識~学費の貯め方」プレゼント付き!

    開催日
    2022/06/23(木)
    14:00~15:00
    詳細
    開催日
    2022/06/25(土)
    10:00~11:00
    詳細
    開催日
    2022/06/28(火)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月14日開催 【働く女性とその家族が知っておきたい】安心して出産・子育てを迎えるためには?(無料)

    開催日
    2022/07/14(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    20:00~20:30
    詳細