【専門家監修】
妊娠・育児を楽しく学べるママ向けメディア

お知らせ 【妊婦さん限定】LINE友だち登録&アンケートで「オーブントースター」が当たる‼

妊娠期 -> 妊娠中期 -> 7ヶ月 -> 26週

妊娠26週|【助産師監修】お腹の赤ちゃんの成長・胎児の体重

妊娠26週は妊娠7ヶ月の3週目。お腹の赤ちゃんの成長に伴い、妊娠期によくみられる便秘や腰痛などのマイナートラブルが続く時期です。赤ちゃんの体重はさらに増加し、ママはお腹にずっしりとした重みを感じているでしょう。胎動の強さからも、子宮の中で回転しながら手足を伸ばしている様子が想像できますね。安定期ですがお腹の張りには意識しながら、無理せず家族と協力して乗り切りましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

10

妊娠26週の赤ちゃん-体重増加と人間らしい動作

妊娠26週の赤ちゃん

妊娠26週の赤ちゃんは、お腹のなかで体を大きく伸ばしたり、体の向きを変えたり、より人間らしい動作ができるようになります。体の向きによって、性別が判明することもありますよ。髪の毛やまつ毛、眉毛も成長し、少しずつ伸びてきています。

 

妊娠26週の胎児の体重には個人差あり

 

妊娠26週では、お腹の赤ちゃんの体重は約900gにまで成長。大きい赤ちゃんだと1,000gくらいの体重になることも。

約1,000gの赤ちゃんがお腹に入っていることを考えると、お腹のずっしりとした重みに納得しますね。妊娠26週ごろの赤ちゃんの体重増加は、1週間で約100gですが、妊娠後期には1週間で約150~200g増えます。

なお、正期産で産まれる赤ちゃんの体重は、2,500~4,000gの範囲が正常だと言われています。

 

お腹の赤ちゃんの体重には個人差があるので、平均より小さい・大きいと心配する必要はありません。しかしながら目安の体重より小さすぎる・大きすぎる場合、注意が必要なことも。その時は必ず、かかりつけの産科医から説明があるはずです。

 

妊娠26週のママのお腹-妊娠線予防には保湿を

さらにお腹が大きくなってきましたね。妊娠26週になると、子宮は約8~28㎝まで大きくなります。お腹が大きくなるにつれ、妊娠線が気になるママも多いでしょう。

妊娠線とは、子宮の成長によりお腹の皮が伸び、皮膚のコラーゲンとエラスチン繊維と呼ばれる繊維が薄くなってできます。肌が乾燥気味だとよりできやすいので、妊娠中はしっかりと保湿しましょう。

かゆみが強い場合は市販薬ではなく、かかりつけの産科医に相談し、薬を処方してもらいます。

 

妊娠26週の胎動-赤ちゃんの睡眠と連動した胎動

妊娠26週の赤ちゃんは、約20~30分おきに寝たり起きたりを繰り返しているので、動いたり動かなかったりします。寝ている時は動かないので、その間は胎動を感じませんよ。

 

この時期の赤ちゃんは、子宮の中でくるくると回転できるほどの大きさ。お腹の中を回ったり手足を伸ばしたりと、いろいろな動きをして過ごします。

「よく動くなぁ」とより強い胎動を感じるかもしれませんが、お腹の赤ちゃんが元気な証拠ですね。

 

胎動に集中すると、赤ちゃんの存在をより身近に感じられます。時間がある時には、パパと一緒に胎動を感じてみましょう。愛おしさが増し、素敵な家族の時間ができますよ。

 

妊娠26週の注意-出血や頻繁なお腹の張りには受診を

妊娠26週は、まだまだマイナートラブルが続く時期。妊娠中のマイナートラブルに悩んだら、一人で抱え込まず、かかりつけの産科医に相談しましょう。

安定期だから大丈夫ということはありません。腹痛や出血、頻繁にお腹が張る時は早産につながる恐れも。すぐに受診しましょう。

 

歯や口のケアをしっかりと

 

妊娠26週も引き続き、歯や口の中のケアをしっかりしましょう。妊娠中はホルモンの影響で口内環境が悪くなり、歯周病が起こりやすいです。

歯周病は早産のリスクを高めるので、歯磨きはしっかりと。歯間ブラシやデンタルフロスを使い、歯と歯の間の丁寧なケアが大切です。

 

妊婦健診は、妊娠24週から2週間に1回のペースへ。「なんだか大変だなぁ」と思うかもしれません。しかし妊婦健診は、ママと赤ちゃんの状態を知るための大事なもの。

お腹の赤ちゃんの成長を知ることができるのはもちろん、もしも異常があれば早期発見・早期治療ができます。赤ちゃんのためだけでなく、自分のためにも妊婦健診を必ず受けましょう。

 

 

妊娠26週(妊娠7ヶ月)ごろの“専門家Q&A ママが知りたいギモン”

ママたちの疑問や不安に、産科医師・助産師・管理栄養士など各分野の専門家が回答します。

 

Q. 妊婦の貧血対策にはどういった食べ物がいいですか?

Q. 妊婦でもお灸など鍼灸治療をしてもいいでしょうか?

監修者

公益社団法人 東京都助産師会

>詳しく見る
  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

10

>基礎知識を学ぶ!TOPへ戻る

イベント・セミナー
妊娠・出産について学べるイベントやセミナーを紹介

>イベント・セミナー一覧
  • オンライン(ライブ配信) プレゼント 無料

    6月28日開催 子育てママ必見! 「今だからこそ知っておきたい!令和の学費の新常識~学費の貯め方」プレゼント付き!

    開催日
    2022/06/28(火)
    20:00~21:00
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月7日開催 現役助産師が教える【安産になるために】知っておきたい体づくり・心構え(無料)

    開催日
    2022/07/07(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/08(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    8月4日開催【産後ピラティス】初心者OK!骨盤底筋&体幹を鍛えて全身を整えよう

    開催日
    2022/08/04(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/08/05(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月14日開催 【働く女性とその家族が知っておきたい】安心して出産・子育てを迎えるためには?(無料)

    開催日
    2022/07/14(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/15(金)
    20:00~20:30
    詳細
  • オンライン(録画配信) 無料

    7月21日開催 <初めてママ教室>出産までの妊婦健診は何をするの?検査内容と目的を知ろう(無料)

    開催日
    2022/07/21(木)
    10:00~10:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    14:00~14:30
    詳細
    開催日
    2022/07/22(金)
    20:00~20:30
    詳細